コロナウイルスとコロナワクチンによる後遺症、その楔とは!

mRNAによる遺伝子への逆転写、今後におよぼす深刻な影響が懸念!

カメ爺

SNS上では、コロナワクチン接種後に、何故か有名人が病気に罹患したニュースをかなりの頻度で見聞きしているように感じるじゃ!

カー君

どういうことなの?

カメ爺

中でも、ジージが大のフアンだった矢代亜紀さんが膠原病で、昨年12月30日に亡くなられたのは、もうあの大好きだった「舟歌」が生で聞けなくなってしもうたのは、凄く残念に思うとるんじゃ!

カー君

本当に残念だねェ!

カメ爺

膠原病は、男性より女性に多い傾向にあり、女性ホルモンの免疫異常と考えられているそうじゃ!

カー君

特に、若い女性は、心配だねェ!

もっと見る

知っておくべきコロナワクチンの危険

政治経済学者の植草一秀氏のブログ記事よりのタイトル

「コロナワクチンの仕組みとその問題点について」

岡田正彦 新潟大学名誉教授、YouTubeにての解説の要点

新型コロナウイルスは表面にとげとげの構造をもつ。

ウイルスはこのとげとげを人間の細胞に接着させて侵入する。

そこで、新型コロナウイルスのとげとげ部分のたんぱく質をコードする遺伝子を人工的に試験管のなかでつくり、これを人工の膜で包んで注射しようとするのがmRNA型ワクチン。

本来、1回たんぱく質をつくると役目が終わり、分解されるはずのRNAが新種ワクチンでは分解されないように改造されていること。

その結果、抗体がつくられるプロセスが短期で消滅せず、永続することになる。

コロナ感染症対策としては有用に見えるが、実は落とし穴がある。

人工遺伝子が半永久的に残り、新種のスパイクたんぱく質が生成され、そのたんぱく質に対する抗体反応が永遠に続くことになる。

このような反応がすでに病気として実在するという。

代表は関節リュウマチ、免疫作用異常による障害が発生するリスクがある。

また、mRNAを包む脂質粒子の表面をコーティングするPEG(ポリエチレングリコール)が重大なアレルギー反応を引き起こすことも懸念される。

岡田正彦 新潟大学名誉教授、YouTubeにての解説の要点の理解を深めるためにAIへの問いかけ?

もっと見る

コロナウイルスとワクチンによる楔とは!

コロナウイルス及びコロナワクチンの後遺症が水面下で深刻化、パイナップル酵素ブロメラインとウコンカプセル「赤陽」による予防と改善の提案を提示していきたい。

もっと見る