コロナ禍におけるグルタチオンの減少は、免疫力にとって深刻な事態です

グルタチオンは、細胞内の抗酸化物質として最も主要なもので、

グルタミン酸、システイン、グリシン(いずれもアミノ酸)

から成るトリペプチド(化合物)である。

細胞膜上にあるグルタチオン・S-トランスフェラーゼという

酵素によってシスチンを合成して、細胞内のグルタチオン濃度を高めると

細胞内の活性酸素や有毒物と結合(抱合)して自ら細胞外へ排出することで、

細胞を解毒してしています。

私たちの生命維持にとって、最強の抗酸化物質であり、

欠かすことのできない成分です。

とりわけコロナ禍において、ウイルスに侵されにくい免疫力の維持に

重要な役割を果たす可能性がエビデンスとして示唆されています。

2011年の研究では、血中グルタチオン濃度が低いと、

以下の疾患を引き起こしやすいことが示されています。

  • 急性肺損傷/急性呼吸窮迫症候群(ARDS)
  • 慢性気管支炎
  • 慢性閉塞性肺疾患(COPD)
  • 嚢胞性線維症
  • 特発性肺線維症(IPF)
  • 多様な細菌・ウイルス感染

今のところ肺気腫や慢性気管支炎を含む慢性閉塞性肺疾患(COPD)には、

治癒する薬剤がないと言っていいに等しいのが実情です。

グルタチオン濃度の低下は、COPDを始め、

ほぼ全ての慢性疾患に関連があるとされています.

COPD(肺気腫+α)におけるグルタチオン周期

要約

慢性閉塞性肺疾患(COPD)は、

慢性炎症および酸化剤や抗酸化不均衡によって特徴付けられる。

グルタチオンは、最も豊富な細胞低分子量チオールであり、

グルタチオン酸化還元サイクルは、細胞抗酸化防御システムの

基本的なコンポーネントです。.

グルタチオンペルオキシダーゼおよびグルタチオン還元酵素の

全グルタチオンおよび触媒活動の濃度は、

患者末梢血(n=109)および健常者(n=51)において決定した。

中等度の疾患期と重度の疾患段階を有する

患者の間には統計的に有意な差が見つかった。

グルタチオン還元剤活性が増加し、

一方で、グルタチオンプロキシダーゼ活性は、

健康なコントロールと比較して、COPD患者において減少した。

我々は、ステージ間のグルタチオンペルオキシダーゼと

グルタチオン還元酵素の活動に有意な差を見つけていない。

喫煙した患者は、元喫煙者および禁煙患者と

比較して総グルタチオンの濃度が低かった。

肺機能パラメータはグルタチオンレベルと

逆に関連付けられていた。

証拠は、安定したCOPD患者の末梢血における

グルタチオンペルオキシダーゼおよび

グルタチオン還元酵素活動の差動変調のために提示される。

我々は、グルタチオン生合成に加えて、

グルタチオンレドックス状態のグルタチオンレドターゼ依存性調節は、

酸化ストレスに対する保護のために不可欠であると考える。

ソース:

PubMed 米国国立医学図書館 国立衛生研究所

クロアチア、ザグレブのVuk Vrhovac、糖尿病、内分泌学および代謝性疾患のための大学クリニックの臨床検査医学部。

クルクミノイドが、細胞核内グルタチオン濃度を高める

https://kamese.co.jp/curcumin-glutathione-up/