COPD(肺気腫+α)は、全身病であり、死因のトップに推測される!

厚生労働省の統計によると2017年のCOPDによる死亡者数は18,523人でした。

COPDは20年以上の喫煙歴を経て発症する病気です。

日本でも過去の喫煙率上昇の影響がCOPDによる死亡者数を増加させてきたと考えられます。

順天堂大学医学部の福地氏らによる大規模な疫学調査研究NICEスタディ(2001年発表)の結果、

日本人の40歳以上のCOPD有病率は8.6%、患者数は530万人と推定されています。

しかし、2017年の厚生労働省患者調査によると、病院でCOPDと診断された患者数は22万人です。

つまり、COPDであるのに受診していない人は500万人以上いると推定されています。

多くの人々が、COPDであることに気づいていない、または正しく診断されていないことになります。

日本におけるCOPD死亡者数(1996-2017年)

(出典:厚生労働省 人口動態統計)

●40歳以上のCOPD有病率は8.6%、患者数は530万人

 順天堂大学医学部の福地氏らによる大規模な疫学調査研究NICEスタディ(2001年発表)

日本におけるCOPD有病率

(出典:福地氏ら、NICE Study. 2001年)

厚生労働省「平成26年患者調査の概況」によると慢性閉塞性肺疾患(COPD)の

総患者数は26万1,000人、死亡数は年間1万8,523(2019年10月30日)と総患者数の7.1%にあたる。

一方、順天堂大学医学部の福地氏らによる大規模な疫学調査研究NICEスタディ(2001年発表)によると

40歳以上のCOPD有病率は8.6%、患者数は530万人と大きな差となっている。

ちなみに530万人からCOPDの26万人を引いた患者数に7.1%を単純に当てはめてみると、35万2800人となる。

COPD(肺気腫+α)で死亡されたと推定される死者数

病名死亡者数     COPD(43%)   
悪性新生物(ガン)373,334  160,534
心疾患204,83788,080
脳血管疾患109,88047,348
肺炎96,84141,642
誤嚥性肺炎35,78815,389
合計820,680352,892
参照:死亡者数は、一般社団法人GOLD日本委員会「COPDに関する統計資料」(出典:厚生労働省 人口動態統計 2020年)

悪性新生物による死亡者数の373,334人から内、COPDによる死亡者数とみられる

160,534人を引くと212,800人となり、COPDで亡くなられたとみられる352,892人と比較すると、

COPDの死亡者数が断トツの1位になってしまう。

COPD(肺気腫+α)は、全身病である

信州大医学部保健学科教授で呼吸器・感染症内科の藤本圭作氏によると

「COPDは単なる肺の炎症ではなく、全身の炎症だという認識が広まってきた」と話しています。

その理由として、COPD患者は別の疾患を併発している場合が多いことや、COPD患者の死亡原因が、

呼吸不全などの肺に直接関わる疾患でなく、癌や脳血管障害などが多いことなどを挙げています。

実際、2009年に日本呼吸器学会が発行したCOPDの診断・治療ガイドラインにも、

糖尿病、骨粗鬆症、心血管疾患など肺以外の疾患がCOPDの「併存症」として明記され、

COPDの診療において、全身の病態を考慮すべきことが盛り込まれています。