新型コロナウイルス・ワクチン後遺症に対するブロメラインとクルクミンの免疫調整

パイナップル芯のブロメラインとターメリックの活性成分クルクミンを合わせて摂取するとコロナ感染症及びコロナワクチン後遺症における病態生理の重要な段階に干渉する免疫調節作用を発揮することが、PubMed(米国国立医学図書館 国立衛生研究所)に報告されています。

カメ爺

「新型コロナウイルスに対して免疫を強化するパイナップル酵素ブロメラインとウコン活性成分クルクミンの組み合わせに対する効果が世界で初めて認められている。」ということがアテネ国立カポディストリアン大学医学部アティコン総合大学病院救命救急科などが研究した成果報告がPubMed(米国国立医学図書館 国立衛生研究所)されているんじゃ!

カー君

ブロメラインとクルクミンが合わさるとどうなるの?

カメ爺

クルクミンは、ウイルス結合部位とスパイクタンパク質、ACE-2受容体をブロックして、コロナウイルスが細胞へ侵入するのを防ぐとともにウイルスの複製をさせないということのようじゃ!

カー君

ウイルスが細胞に侵入できないようにするんだねェ!

カメ爺

ブロメラインは、コロナウイルスに対して、炎症・血栓症・浮腫といった深刻な影響を和らげる働きとクルクミンの体内吸収を大幅に増加させる。ということじゃ、ブロメラインとクルクミンが合わさると凄い効果が生まれるようじゃのう!

カー君

パイナップルの芯に多く含まれているブロメラインは、炎症・血栓症・浮腫などを和らげる働きとクルクミンの体内吸収を大幅に増加するなどいい働きをするんだねェ!

もっと見る

ブロメライン(B)とクルクミン(C)は、COVID-19病態生理学の重要なステップに干渉する複数の免疫調節作用を発揮します。

カメ爺

新型コロナウイルスがACE2(アンジオテンシン変換酵素2)受容体に侵入すると1)炎症、2)凝固、3)ブラジキニンカスケードの3つの主要な経路が開始されるそうじゃ!

カー君

コロナウイルスが、炎症・凝固・ブラジキニンカスケードの3つを活性化すると大変なことになるんだねエ!

カメ爺

ウイルスによる経路の活性化は個人間で異なり、無症状から重症や死亡に至るさまざまに起こっているそうじゃ!

カー君

基礎疾患のある人だけじゃないんだね

カメ爺

これらの症状を抑制するためにパイナップル芯に多く含まれているブロメラインとターメリックの活性成分クルクミンが合わさると強力な抗炎症作用と抗凝固作用を発揮され、コロナウイルスやワクチン後遺症に対しても、この生物活性物質が注目されているようじゃ!

クルクミンとブロメラインは、強力な抗炎症作用と抗凝固作用を持つ2つの生物活性物質で構成されています。

ブロメライン(B)とクルクミン(C)は、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)病態生理学の重要なステップに干渉する複数の免疫調節作用を発揮します。

 

ACE-2、アンジオテンシン変換酵素2受容体; COVID-19、コロナウイルス病2019; NF-κB、核因子カッパB ; PG; プロスタグランジン; SARS-CoV-2; 重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2; STAT-3、シグナル伝達兼転写活性化因子3; TMPRSS -2、膜貫通型セリンプロテアーゼ2; TXA2、トロンボキサンA2。

1)炎症

クルクミンは炎症を調節し、核因子カッパB (NF-κB)やシグナル伝達兼転写活性化因子3(STAT-3)などの複数の転写因子を阻害し、炎症誘発性サイトカインをダウンレギュレートすることで、その後のサイトカインストームを防ぎます。

さらに、クルクミンはACE調節アンジオテンシンIIを阻害します。炎症の合成とダウンレギュレーションは、線維素溶解と抗凝固プロセスも促進します。

2)凝固

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E3%82%B3%E3%83%AD%E3%83%8A%E5%9B%B3%E5%87%9D%E5%9B%BA-e1716173011501.jpg
ブロメラインは用量依存的な抗凝固効果を発揮します。

1)PGE-2とトロンボキサンA2 (TXA2)のダウンレギュレーションにより、プロスタサイクリンが比較的過剰になります。


2)プラスミノーゲンからプラスミンへの変換を刺激することによる線維素溶解の促進および血小板凝集の防止。

3)ブラジキニンカスケード

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E3%82%B3%E3%83%AD%E3%83%8A%E5%9B%B3%E3%80%81%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%B8%E3%82%AD%E3%83%8B%E3%83%B3%E9%83%A8%E5%88%86-e1716034556697.jpg
ブロメラインはまた、ブラジキニンを加水分解し、血清および組織中のキニノーゲンとブラジキニンのレベルを低下させ、動物実験で示されているように炎症と浮腫を改善します。

特に、後者の作用は、咳、発熱、痛みなどのCOVID-19症状の緩和におけるブロメランの潜在的な役割、および炎症、血栓症、浮腫のより深刻な影響をサポートします。
もっと見る

ある新型コロナウイルス感染した人が、病院へ搬送された経験を見聞きさせていただいた話しですが、1)炎症、2)凝固、3)ブラジキニンカスケードの3つの主要な経路を経験されたケースではないかと推察し、記述させていただきました。

カメ爺

微熱がつづいていたが、急に高熱になり、調子が悪くなったんで、救急車にて病院に搬送されたということじゃ!

カー君

病院についてから、どうなったの?

カメ爺

看護婦さんが採血しようとしたじゃが、うまくできなかったんで、担当医が下手だなァーと言って、行うもやはり採血できなかった。おかしいなァと言いながら、点滴針を4カ所もつけたということじゃ!

カー君

看護婦さんも先生も経験したことがなかったんだねェ!

カメ爺

このことは、採血できないほど、血が固まっていたということで、三日三晩も点滴注射をつけっぱなしで、やっと採血できるようになったそうじゃ!

カー君

三日三晩も絶対安静で、動けなかったのは大変だったようだねェ!

カメ爺

治療中、熱も42.5度と高熱になり、40度ぐらいまでは、大変だったが、40度を越したら感覚がなくなったようで、多分、生死の境をさまよっているんだという感じだったそうじゃ!

カー君

九死に一生を得たんだねェ!

カメ爺

見たところ50歳そこそこで、屈強そうな男の人じゃった。

Your Website Title