[熱帯ウコンミックスハード]

[熱帯ウコンミックスソフト(EPA・DHAオイル使用)]

[熱帯ウコンミックスソフト(グレープシードオイル使用)]

咳き込んだり、喉の炎症や痰が絡んだ時に
小さじ半分程の養肺膏を口に含み、できるだけゆっくりと飲み込みます。

肺気腫 改善の可能性を示唆

「肺気腫とは、酸素と炭酸ガスの交換を行っている肺胞と呼吸細気管支が
拡張し、破壊される疾患です。

現在の医学では、肺気腫を治すための治療方法がありません。

つまり壊れてしまった肺胞を元に戻すことができないためです。

原因のほとんどが喫煙によるものですが、残念ながら、この病気を
治す方法は今のところ肺移植だけです。」

肺気腫のことを調べていくと以上のような内容になり、肺気腫を含んだ
COPD
については、

慢性閉塞性肺疾患

「慢性閉塞性肺疾患(まんせいへいそくせいはいしっかん;COPD)は、
代表的な慢性呼吸器疾患の一つであり死よりも恐ろしい病気として知られている。

さまざまな有毒なガスや微粒子の吸入、特に喫煙がきっかけになり、
肺胞の破壊や気道炎症が起き、緩徐進行性および不可逆的に息切れが
生じる病気である。

多くの場合、咳嗽や喀痰も見られる。」


ウエブサイト、ウイッキペディアフリー百科事典(2012年11月6日)

というように深刻な病気として説明されており、いったん発病してしまったら
途中で病気の進行を止めることができず、そこからの進行をいかにゆるやかに
していく対症療法と保存療法が主となっているのが現状のようです。

しかし、「慢性閉塞性肺疾患に対し、ターメリックの主成分クルクミンの
投与が有効な予防・治療手段になりうる。」


という公益財団法人、喫煙科学研究財団によって

2007年~2009年に助成された研究課題名
「喫煙関連呼吸器疾患の分子マーカーと予防戦略」
で結論づけられており、

クルクミンによる改善の可能性が示唆
されています。

また、ターメリック(熱帯ウコン)のクルクミンと黒コショウのピペリンによる代替治療法で、乳癌を克服した自然実存主義の実践者であるスクール心理カウンセラー、バーバラ女史が「肺繊維症に対し、いくつかの実験動物モデルがクルクミンでテストされた。」
その結果について記述しています。

肺疾患―研究と成果

クルクミンが放射線、化学療法薬、毒物による肺障害及び線維症を
減衰させたことを明らかにした。

研究者は、クルクミンが慢性閉塞性肺疾患、急性肺障害、急性呼吸
窮迫症候群、アレルギーぜん息を保護し、その役割を果たしているという
研究の結論を支持していることに注目。

その治療行為は、予防または炎症や酸化ストレスの変調に有効。

クルクミンは、直接スーパーオキシド、一酸化窒素などの
フリーラジカルを捕捉することができる重要なシグナル伝達経路を
調節している。

クルクミンは炎症を引き起こすメディエーターの発現を減少させ、
肺にとって望ましい遺伝子発現を増幅させる。

研究者らは、クルクミンが慢性肺疾患に対する潜在的な治療剤であると
結論した。


ソース:
(NaturalNews 「Turmeric Found to Be Beneficial for Lung, Liver and Colon Health」)

このようにターメリックの主成分”クルクミン”によって慢性閉塞性肺疾患(COPD)の
改善の可能性が示唆されています。

亀世の熱帯ウコン「赤陽」には、高濃度クルクミン及びクルクミノイドが含有されており、
黒コショウと合わせて摂取すると吸収と効果が飛躍的に高まり、継続的な摂取によって
その改善が期待できます。

また、肺や呼吸器管などにたいする中国の伝統的な家庭医薬「養肺膏」を
ベースに各種生薬や高濃度クルクミノイドを含有した熱帯ウコン「赤陽」を加え、
その抗酸化作用が、より効果的に働くように仕上げられた[亀世養肺膏]が、
養生食として症状を和らげてくれます。

[亀世養肺膏]
亀世「養肺膏」120g入り

肺と呼吸器管に対する中国の伝統的な家庭医薬
「養肺膏」をベースに各種生薬、高濃度クルクミンを
含有した熱帯ウコン「赤陽」を加えた養生食です。

初めての方に、体験用セット商品を20%offにて対応中です。▼クリック

「熱帯ウコン」&[亀世養肺膏]摂取体験セール

 知れば知るほど、 驚異の野菜

  【熱帯ウコンのビックリ抗酸化パワー】

  ●黒コショウが一緒だと20倍もの効果がアップ。

ターメリック(熱帯ウコン)は、数千年にわたってインド、
アーユルヴェーダの主要な医薬として創傷治療や感染症を
含む多くの病を治療するために使用されてきました。

アメリカ、ミシガン州立大学の総合ガンセンターにおいて、

黒コショウのピペリンという物質が、吸収されにくいとされている
ターメリック成分、クルクミンや精油成分の体内吸収とその効果を
飛躍的に高めることが明らかにされ、ガンや関節リウマチ、
肝硬変、アルツハイマー認知症などの疾患に何十倍もの
治癒効果があることが報告されています。

高濃度クルクミノイドが含有された

 熱帯ウコン「赤陽」    クリック

農林水産植物の種類:Curcuma L.
登録品種の名称:「赤陽」 登録番号:第21486号

いつまでも若々しく元気に過ごすための
大切な
3っつの必須条件

加齢とともに減っていく抗酸化物質を補い、活性酸素による酸化を抑制する。

ウイルスや細菌に侵されない腸内の善玉菌(乳酸菌)を活性化して免疫力を強くする。

血管や筋肉、皮膚などのコラーゲン層を硬くしないように糖化最終産物(AGEs)や高ホモシステイン血漿(動脈効果による心筋梗塞、脳卒中などの原因)を避けるようLH比率を低く する。

この三つの対処行為は、老化抑制や癌、その他の病気にならない為の
大切な行為です。

医療が高度に進歩した今日ですが、乳ガンや人工透析患者は、年とともに
増え続け、亡くなる方も年々増え続けているのが現実です。

アップル社のスティーブ・ジョブズ氏が、すい臓ガンで亡くなられましたが、
これまでの日本では、化学療法における生存率は1年でおよそ15%、
3年でわずか2%という耳を疑うような実態になっているようです。

国立がん研究センターがん対策情報センターの「最新がん統計」によると、
わが国で1年間に新しく膵臓がん(「膵がん」ともいう)にかかる人は
約24,800人(2005年データ)、1年間に膵臓がんで亡くなる人は
約26,800人(2009年データ)と発表されています。年次推移では、
男女ともに罹患率も死亡率も増加傾向にあります。

ソース : ウエブサイト「gooヘルスケア」より

動脈硬化症

(テキサス州ベイラー大学医学部)

乳がん

(ミシガン州立大学の総合ガンセンター)

肝臓病

(ミシガン州立大学の総合ガンセンター)

老化予防

〔ポール・クレイトン博士 (Dr. Paul Clayton)「英国流医食同源」〕

(Wake Forest Universityバプテストメディカルセンター)

うつ病

〔Phychopharmacology(精神薬理学)2008年9月号で報告された研究)

腎臓病

(2000年の英国の薬学誌記載)

心臓病

(テキサス州ベイラー大学医学部)

糖尿病

(コロンビア大学医療センターでナオミBerrie糖尿病センター)

すい臓癌

(カリフォルニア州の外科腫瘍医、ロバートWascher)


クルクミノイド(A)

クルクミノイド(B)

グルタチオン(A)

グルタチオン(B)

グルタチオン(C)

グルタチオン(D)

成分と効果(A)

成分と効果(B)

吸収と効果(A)

吸収と効果(B)

動脈硬化(A)

動脈硬化(B)

動脈硬化(C)

動脈硬化(D)

肝臓機能(A)

肝臓機能(B)

肝臓機能(C)

腎臓機能(A)

腎臓機能(B)

腎臓機能(C)

悪性腫瘍(A)

悪性腫瘍(B)

悪性腫瘍(C)

悪性腫瘍(D)

悪性腫瘍(E)

悪性腫瘍(F)

悪性腫瘍(G)

アルツハイマ-(A)

アルツハイマ-(B)

アルツハイマ-(C)

アルツハイマ-(D)

うつ病(A)

うつ病(B)

骨粗鬆症(A)

骨粗鬆症(B)

関節リュマチ(A)

関節リュマチ(B)

糖尿病(A)

糖尿病(B)

慢性肺疾患

クルクミン効果(A)

クルクミン効果(B)

動脈硬化発症及び進行のメカニズム

病気のほとんどの原因である動脈硬化が、何故起きてしまうのか、そのメカニズムが分かってきました。悪玉コレステロール(LDL)と善玉コレステロール(HDL)の比率が悪化すると高ホモシステイン血漿になり、血管の酸化が進行してしまいます。

動脈硬化を進行させないよう LH比は、1.5以下に保つことが大切。

 クルクミノイド(A)

クルクミノイドは、フリーラジカル(活性酸素)によるダメージを停止させる抗酸化物質であり抗炎症物質です。特に、熱帯ウコン(ターメリック)に高濃度のクルクミノイドを含有した種が見つかっており、天然物の抗酸化物質、抗炎症物質としては、まさに天の恵みといわれる植物由来の物質です。

 クルクミノイド(B)

「もし、私はすべての可能な健康と食の必要性に、たった一つのハーブに頼るとしたら、私は、ためらうことなくスーパースパイス、ターメリックを選ぶでしょう。ターメリックは、働きが穏やかだが確かな効果を広い範囲に持っているので、長期的、日常的に使うために大変有益です。」ニューメキシコ州サンタフェにあるヴェーダ研究のための研究所創設者兼ディレクターであるデビッドフローリー博士。

 グルタチオン(A)

グルタチオンは、活性酸素の毒性を消しさるだけでなく、すでにできてしまった細胞の老化やガン化を招くと考えられている過酸化脂質という有害物質を消去し、身体の酸化を防いでくれます。このように酸化するのを防御するだけでなく、酸化そのものを処理できるのはグルタチオンが生体防護機構における最強の抗酸化物質といわれる由縁です。

 グルタチオン(B)

グルタチオンは、細胞の機能低下や変異をもたらす毒物や、抗生物質、薬物、伝達物質などを結合(抱合) して、自ら細胞外へ排出することで、細胞の解毒作業を行っています。 哺乳類の場合、抱合体は血中を移動し、腎臓まで運ばれます。腎臓でこの抱合体はメルカプツール酸に変換され、胆汁中や尿中に排出されます。

 グルタチオン(C)

グルタチオンは強い抗酸化作用を持っていて、体内の細胞の酸化を抑え、神経細胞の機能を高める働きがあるので、老化と深くかかわる物質として注目されています。3つのアミノ酸からなるこの抗酸化物質は、他のどのような抗酸化物質とも異なり、私たちの体内でしか作られません。つまり、自分自身の細胞内でしか作り出せない抗酸化物質です。そして私たちの生命維持に関わりあう最も重要な働きをする物質でもあります。

 グルタチオン(D)

肌細胞においては、活性酸素による酸化ストレスを抑制してシミ・ソバカスの原因であるメラニン色素の生成を促すチロシナーゼの働きを強く阻害し、シミ・ソバカスができるのを体内から防いでくれます。また、グルタチオンには、強力な抗酸化作用で、シワ・たるみなどといった老化を防止する働きが認められています。

 成分と効果(A)

化学的に言えば、クルクミノイドはポリフェノールと言われる化合物の中に分類されます。熱帯ウコンの中で見つかっている3種類のポリフェノールの中では、ビスデメトキシクルクミン(bisdemetoxy-クルクミン)が最高の抗酸化性を持つとされ、ついで、デメトキシクルクミン(demetoxy-クルクミン)が最後にクルクミンとなっています。

 成分と効果(B)

クルクミンの他に強力な抗炎症作用の精油成分、マンガン、食物繊維、ビタミンB6、カリウム、ビタミンC、鉄、マグネシウムなどの栄養素を含む

 吸収と効果(A)

黒コショウ由来の主なるアルカロイド、ピペリンが食品の栄養素の吸収を飛躍的に高める働きがあり、多くのメカニズムを通じて栄養物質を生物学的に利用し、その効能を高める働きがあります。 例えば黒コショウとターメリックを合わせて摂取することで、癌の炎症や感染症に対し、クルクミンが20倍もの効能アップがはかられ、生物学的有用性が向上されるということです。

 吸収と効果(B)

ターメリック(熱帯ウコン)成分の体内への吸収は、脂溶性ビタミンと同じように油に溶けることで、腸管(主に小腸)から吸収されやすくなりますが、大豆や卵の黄身に含まれるレシチンという成分と一緒に摂取すると、その乳化作用と膜透過作用によって吸収されにくいとされている熱帯ウコンのクルクミノイドや精油成分、ミネラル成分がより吸収されやすくなります。

 動脈硬化(A)

悪玉コレステロール(LDL)と善玉コレステロール(HDL)の比率が悪化すると(2以上が目安)肝機能の低下を招き、代謝不良による高ホモシステイン血漿が動脈硬化を進行させる。

 動脈硬化(B)

ある研究調査結果によると、血液中のホモシステイン濃度が高い人は、心臓病などの循環器の病気にかかる危険性は通常の22倍、死亡率は9倍高くなっているということです。ホモシステインが動脈硬化を促進する原因については、いくつか推測されています。

 動脈硬化(C)

テキサス州ヒューストンのベイラー大学医学部、血管外科血管内治療のマイケル氏による豚の冠状動脈を用いた実験の結果、クルクミンがホモシステインによって引き起こされる血管内皮機能障害に対して予防効果をもつことがわかりました。

 動脈硬化(D)

タフツ大学の研究者が意図的にマウスに高脂肪食を与え、そこへターメリックのクルクミンを加え、また、クルクミンを伴ったインキュベート細胞培養を検討し、クルクミンを補填したマウスの体重増加に植物化学物質による減少が認められた。さらに実験動物と細胞モデルの両方に脂肪細胞の増殖を抑制した事実を見つけた。

 肝臓機能(A)

「肝臓」は、腸で吸収された栄養素の全てを処理するだけでなく、身体に入った有毒物を解毒するなど私たちの生命を維持するために実に沢山の働きをしています。 流れる血液の量は、1分間に1リットル以上で、何と1日に2000リットルを越える膨大な数量になるということです。

 肝臓機能(B)

胆汁は中性脂肪を材料として使用するため、多く作られればその分、肝臓内の脂肪を減らすことができ、肝臓の機能もより活発化させることができます。そして胆汁の分泌がスムーズであれば、小腸からの栄養素の吸収はもちろん、栄養素の代謝や有害物質の分解、解毒、エネルギー源の貯蔵等さまざまな働きがスムーズに行うことができます。

 肝臓機能(C)

ジャーナル・ガットは、消火器病学と肝臓学における新しい研究の公開、いまだに肝障害や肝硬変といった深刻な健康問題になっており、ターメリックの主要成分クルクミンで、そのための治療ができるということを提言しています。 肝臓に化学的に引き起こされた動物モデルの肝臓損傷を減少させる多面性(複数の効果)を持っている。オーストリアの医科大学グラーツで、消火器病学と肝臓学の部門の科学者が研究の著者として書き記しています。

 腎臓機能(A)

昨年(平成21年)、5月にNHK朝の番組で「知らずに悪化、腎臓病にご用心!」というタイトルで特集が放映されていました。「心筋こうそく、脳卒中など突然死を招く重大な病気の影に、腎臓病が潜んでいることが、最近の研究で分かってきました。慢性腎臓病になると、血液中から余分な水分や老廃物をろ過して尿に排出する腎臓の能力が自覚症状のないまま低下し、高血圧や動脈こうかを進めてしまうのです。

 腎臓機能(B)

eGFR値が減少してくると、さまざまな疾患に見舞われるようになってしまいます。最近の研究では、隠れ腎臓病といって、その軽い段階から、血管の石灰化が始まっていることが分かってきています。血管の石灰化は、腎臓の中の毛細血管にダメージを与えるばかりでなく、心臓の冠状動脈や脳血管に影響を及ぼし、心筋梗塞、脳梗塞を招いてしまうほど深刻な災いをもたらします。

 腎臓機能(C)

2000年の英国の薬学誌(BRITISH JOURNAL OF PHARMACOLOGY, 2000, Vol 129, Iss 2, pp 231-234)で発表された研究によると、クルクミンが持つ腎臓疾患の予防と治癒の能力が高いことが報告されています。

 悪性腫瘍(A)

アメリカ、ニュージャージー州ラトガース大学でのマウスを使った皮膚ガンの実験で、クルクミンがガンの発生を抑えられると発表されて以来、世界の研究機関でクルクミンの効能に注目し、次々と驚嘆すべき成果が発表されています。

 悪性腫瘍(B)

ターメリックとこの強力な誘導体化合物クルクミノイドは、ガンのさまざまな形態の予防と治療に使用される抗酸化化合物として世界的に注目を集め、年間 240以上もの検証された研究論文として出され、その調査研究が実証されています。

 悪性腫瘍(C)

NF-κB(エヌエフーカッパービー)は、免疫・炎症反応に関わる遺伝子群やエイズウイルスの増殖に関係するタンパク質を作るときに活性化する転写因子です。慢性リュウマチや骨粗鬆症などの免疫・アレルギー疾患・後天性免疫不全症候群(AIDS)などに関与しているとされ、悪性腫瘍の発ガン過程及び進展にもNF-κBの活性が関わっているとされています。

 悪性腫瘍(D)

「プロポリスの主な活性成分コーヒー酸フェネチルエステル(CAPE)とターメリックの主要成分クルクミン、これらの興味深い特性とそれらの良好な安全性プロファイルに基づき、我々の研究室は細胞培養と実験動物腫瘍において研究を行ったところ、これらの化合物が、腫瘍細胞の化学療法や放射線に対する感受性を高め、腫瘍細胞で細胞死を起こさせ、正常細胞に対しては殆ど影響がみられない、又は、放射線からある種の有害作用を減らすということが分かりました。」

 悪性腫瘍(E)

アメリカ、ミシガン州立大学総合ガンセンター(UM)に在籍する研究者によって、ターメリック由来の化合物クルクミンと黒コショウのピペリンを組み合わせると乳癌の予防と治療に重要な役割を果たすことを新たに見つけた。 「クルクミンには、ガンを発症させる幹細胞の特徴である自己再生プロセスを中断させる働きがあり、ピペリンがその働きを飛躍的に高めることが確認された。」


 悪性腫瘍(F)

Dr.ロバートWascher、MD、カリフォルニア州の外科腫瘍医は、アップル社の元 CEO スティーブ ジョブズ氏が、すい臓ガンを患っていたと発表してから7年もの間、存命していたということと発病以来、彼は東洋食を取り入れていたことを考え合わせて、インド料理の人気の自然スパイスがすい臓ガンを治癒する可能性があることを示唆。「ターメリックを消費する単純な行為は、すい臓ガンのタイプを防ぎ、治すのに十分かもしれない方法だと」と説明しています。

 悪性腫瘍(G)

クルクミンは、癌が引き起こすところの腫瘍に栄養を供給する血管を破壊し、成長することができないようにして腫瘍があなたの身体の中で死ぬようにします。あなたは、黒コショウとクルクミンを一緒に組み合わせれば、それは、クルクミンの効能を1000倍にも高めることになります。

 アルツハイマー(A)

研究チームはアミロイドベータを含む溶液にクルクミンを加え、線維化が大幅に抑えられることを確認した。すでに線維化したアミロイドベータにクルクミンを加えると線維が分解した。

 アルツハイマー(B)

カルホルニア大学ロサンゼルス校の研究者らによる新たな研究においてターメリックの主成分クルクミンと太陽光によって活性化されるビタミンD3ホルモンがアルツハイマー病の特徴である典型的なベータアミロイド班(プラーク)とそのもつれを防止するだけでなく逆に損傷の低下を助ける可能性を示唆しています。

 アルツハイマー(C)

ウェールズ診療医、アンドリューMcCaddonは、「アルツハイマー病の患者が持っていた、高ホモシステイン血漿が彼らの精神行動の悪化と彼らの認知障害の悪化を引き起こしたこと、そして僅かばかりの抗酸化物質グルタチオンしか持っていなかったことを見つけた。」

 アルツハイマー(D)

デラモンテは「脳にも通常の糖尿病とまったく同じ問題が生じることがわかった」といい,アルツハイマー病を「3型糖尿病」と表現する。脳のインスリンは血液脳関門を介して身体の他の部分にあるインスリンと関連しているので,糖尿病患者はアルツハイマー病にもなりやすい。

 うつ病(A)

黒コショウとターメリックを合わせて摂取することで、クルクミン及びその類縁体、クルクミノイドの抗うつ効果が飛躍的に高められ、同時に長時間持続させることができる可能性が示されています。研究では、クルクミンの抗うつ活性、モノアミン作動性システムへの関与が、クルクミンの生物学的効果の生物学的高揚者としてのピペリン効果によって調査設計されたことがPhychopharmacology「精神薬理学」9月号で、報告された。

 うつ病(B)

アラバマ大学の研究者らは、うつ病、精神分裂症患者の赤血球を調べたところ、メチオニンアデノシル転移酵素の量が減少していることを見つけ、脳内でアデノシルメチオニン(SAMe)を十分に作っていない事を発見した。「ムーブメント・ディスオーダー・ジャーナル」で発表された。

 骨粗鬆症(A)

50歳代の女性の21%、60歳代の48%、70歳代の67%、80歳代の84%と加齢とともに確実に増えています。骨粗鬆症による骨折に関しては、有病率の70歳代が25%、80歳代が43%におよび、脳卒中などに続いて多い寝たきりの原因となっています。困ったことにこの病気の特徴として骨折するまで、ほとんど自覚症状がないことが問題を深刻化させています

 骨粗鬆症(B)

ホモシステインが多い人は、骨折しやすい・・・。米国とオランダで別々に行われた疫学研究が、同じ結果になり、米国の著名な医学誌「New England Journal of Medicine」(NEJM)誌5月13日号に同時掲載された。

 関節リウマチ(A)

関節リウマチにおいてNF-κBという転写因子が活性化すると遺伝子に結合して関節部に有害な炎症性タンパク質の増殖を高めてしまう。クルクミノイドが関節部の活性化からNF-κBと呼ばれる転写因子を抑制することを突き止め、クルクミノイドの摂取が、NF-κBを目標とする抗関節炎医薬品と同じ効果のメカニズムを持っていることを示唆しています。

 関節リウマチ(B)

いくつかの研究において抗腫瘍性を持っていることが認められており、ガンの成長と拡散を抑制する能力とクルクミノイドのみならず他の抗酸化物質や高炎症物質、抗腫瘍物質などと合わせて摂取すれば、有効成分の吸収と、その成分効果が大幅にアップされることから医療専門家の間で活用されているようです。

 糖尿病(A)

ターメリックで治療処理されたマウスに高脂肪、高カロリーの餌を与えたにもかかわらず、体重が減り、グルコースとインスリン負荷テストに基づいて2型糖尿病マウスが、大幅に脂肪組織およびコントロールと比較して肝臓の炎症が減少し、糖尿病を発症しにくくなることを科学的な観察で測定した。

 糖尿病(B)

血糖の不均衡とインスリン抵抗性の細胞膜は、体内の炎症状態を促進する重要な要因です。 クルクミンは、血糖値を安定させ、インスリン受容体の数を増やし、インスリンへの受容体結合能を改善することによって細胞のインスリン抵抗性を逆転させることが明らかにされています。

 慢性肺疾患

肺繊維症に対し、クルクミンを用いた幾つかの実験動物モデルを使ってテストされた。 その結果、クルクミンは肺損傷および線維症に対して、放射線および化学療法薬によって引き起こされる有害物質を減らすことが実証された。


            
            

 クルクミン効果(A)

クルクミンはインターフェロンであり、天然の抗癌剤でもあるといわれています。

クルクミン類は、慢性肝炎の特効薬である「インターフェロン」そのものといわれ、また、腫瘍(ガン)の発生を事前に予防し、感染細胞を特異的に殺すなどの作用があり、抗癌剤とは異なる副作用のない天然物として世界の研究機関で注目され、今もなお、次々と驚嘆すべき成果が発表されています。

 クルクミン効果(B)

現在、現代の研究は、ターメリックの主要成分クルクミノイド及びその関係植物の有効成分の治癒力を確認し、さらにその痛みの緩和に対する効果、消炎効果、強力な抗酸化効果、さらには癌(がん)・AIDS(エイズ) に対する有用性が実証されています。

エイコサノイド

クルクミノイド

クルクミノイドの抗酸化作用・抗炎症作用

スーパースパイス、ターメリック治療

グルタチオン

生体の防護機構を強化するにはグルタチオンの産生が不可欠

クルクミノイドがグルタチオン、S-トランスフェラーゼを誘導すると

細胞内グルタチオンの産生を高めると、元気で若々しい長寿が

細胞内のグルタチオン濃度を高めて、内から美肌にする対処方法

熱帯ウコン成分と効果

熱帯ウコンには高濃度クルクミノイドと豊富な精油成分を含有

ターメリックの持つ栄養素の全てが健康維持に大きく貢献

成分の吸収と効果

黒コショウのピペリンはクルクミンの効果を20倍高める

クルクミノイドと豆レシチンは細胞活性化の素晴らしいコンビ

動脈硬化

動脈硬化を引き起こす高ホモシステイン血症はLH比の悪化が要因

LH比悪化、高ホモシステイン血漿は、生体防御機構を弱体化させる

高ホモシステイン血漿による心疾患をクルクミンが予防する

マウスに高脂肪食を与えた実験で、クルクミンが体脂肪を抑制

肝臓機能

肝臓の主な働きと肝臓病になる要因

クルクミノイドの胆汁分泌活性が、肝機能を

ターメリックは、肝硬変を改善する

腎臓機能

クレアチニンの数値が基準値内でも動脈硬化が進んでしまう

血清クレアチニンによる腎臓ろ過能力不足

クルクミノイドの腎臓損傷保護効果

ガン(悪性腫瘍)

ガンにならない,ガンを治癒するいは

ターメリックには、強力な抗がんパンチがパックされている

クルクミノイドが、ガン化を促進するNF-kBの活性を抑制

クルクミンとプロポリスは、ガン治療の有望な天然素材

乳癌再発の原因、幹細胞の抑制にクルクミンとピペリンが効果的

膵癌治療の有効性を秘めたクルクミンとオメガ3脂肪酸との組合せ

「癌のリスクはゼロに近くできる」と主張

アルツハイマー病

クルクミンが、アミロイド・ベータの沈着や繊維化を抑制

ターメリックとビタミンD3がアルツハイマー病のプラークを溶かす

脳の酸化を防ぐ、マスター抗酸化剤、「グルタチオン」

糖尿病の人は、4.6倍の確立でアルツハイマー病になる

うつ病

天然物なのに、ひょっとして最強の抗うつ剤

高ホモシステイン血漿が、うつ病を発症させる

骨粗鬆症

閉経後や老化によって骨粗鬆症が急速に進行してしまう理由

ホモシステインが多いと骨折しやすい、米国、オランダの2研究所で

関節リュマチ

間接リウマチと骨の損失に対するクルクミノイドの効果的な働き

ブロメラインとクルクミノイドが合わさるとリウマチに効果的

糖尿病

ターメリック(熱帯ウコン)が肥満と糖尿病の予防と治療に有効

クルクミンは、血糖値を安定させ、インスリン受容体の数を増やし

慢性肺疾患

ターメリックは、慢性肺疾患に対する有効、且つ潜在的治療剤である

クルクミンの効果

クルクミンはインターフェロンであり、天然の抗癌剤でもあるといわれています

ターメリックの高濃度クルクミノイドによる驚異的抗酸化作用と抗炎症作用の防護効果






会社概要通信販売法に基ずく表記個人情報保護ガイドラインに基づく表記

Copyright(c) 2010 TOKAI AGRIGARDEN,INC. All Rights Reserved.