[熱帯ウコンミックスハード]

[熱帯ウコンミックスソフト(EPA・DHAオイル使用)]

[熱帯ウコンミックスソフト(グレープシードオイル使用)]

咳き込んだり、喉の炎症や痰がからんだ時に
小さじ半分程の養肺膏を口に含み、できるだけゆっくりと飲み込みます。

便秘解消・老化抑制・美肌保持・花粉症予防・アトピ-性皮膚炎の改善・ガン予防・高血圧改善効果などに

プロバイオティクス(ビフィズス菌などの乳酸菌)が活発に繁殖するためには、餌となるプレバイオティクス(オリゴ糖や食物繊維など)が必要です。
「きな粉」[亀世養肺膏]にはオリゴ糖や食物繊維をはじめさまざまな栄養素が含まれています。

お子様にもインフルエンザや風邪予防に、おいしくいただけて、60%〜70%の免疫を司っているといわれている腸内の環境改善につながる食習慣が得られます。

[亀世養肺膏]+「ヨーグルト」+「きな粉」=腸の免疫力強化

朝食か昼食後に[亀世養肺膏] 小さじ半分ほどを大さじ一杯ほどのお湯に解き、一人用のカップヨーグルトに注ぐとデザート感覚で美味しくいただけます。
また、小さじ2〜3杯(お好みの量)の「きな粉」を加えると健康効果も一段とアップし、腸内の善玉菌が活性化して免疫力向上に効果的です。

[亀世養肺膏]+「きな粉」+「熱帯ウコン」=肝臓機能活性化

クルクミノイドと豆レシチンの組み合わせは、強い細胞組織に有効です。

豆レシチは、大豆製品から摂取するのが一番容易です。中でも「きな粉」は、粉末状で扱いやすく、簡単に美味しく、しかも上質なタンパク質が得られ、副作用の心配をしないで毎日召し上がることが出来ます。

レシチンは、学名をリン脂質と云い、不飽和脂肪酸にリンが結合しています。これが細胞の膜を構成している成分で、脳にいたっては40%も含まれているそうです。
この脂質を酸化させないために、クルクミノイドなどの抗酸化物質との摂取が有効です。

ターメリック(熱帯ウコン)の主成分クルクミンは免疫システムを向上させる。

クルクミンによる免疫システムの向上

ソース:サイトカイン研究所、実験治療学科、テキサス大学MDアンダーソンがんセンター、ヒューストン、テキサス77030、米国の大学。


要約
クルクミンは、カレー粉に使用されるターメリック(クルクマロンガ種)のオレンジ色をした成分として見られます。

クルクミンは、伝統的に抗炎症作用効果で知られ、T細胞、B細胞、マクロファージ、好中球、ナチュラルキラー細胞、樹状細胞の活性化を調節することができる強力な免疫調節剤であることが最後の20年の間に示されています。

クルクミンはまた、TNF(腫瘍壊死因子)、IL-1、IL-2、IL6、IL8、IL-12(インターロイキン1、2、6、8、12)および転写因子NF-κB(エヌエフ・カッパー・ビー)の不活性化を介して最も可能性のあることとしてケモカイン(炎症性細胞遊走因子)を含む、さまざまな炎症性誘発サイトカインの発現を減少させることができる。

一方、興味深いことに、クルクミンは、低用量でもまた、抗体応答を向上させることができます。

このことは、クルクミンが関節炎、アレルギー、喘息、アテローム性動脈硬化症、心臓病、アルツハイマー病、糖尿病、そして癌においては部分的に免疫システムを調節する能力に起因するかもしれない有益な効果が報告されていることを示唆しています。

ともに、これらの知見は、免疫疾患の治療法としてのクルクミンのさらなる検討の根拠とされるものです。

出典:PubMed
米国国立医学図書館 国立衛生研究所


HOME/エイコサノイド

クルクミノイド

クルクミノイドの抗酸化作用・抗炎症作用

スーパースパイス、ターメリック治療

グルタチオン

生体の防護機構を強化するにはグルタチオンの産生が不可欠

クルクミノイドがグルタチオン、S-トランスフェラーゼを誘導すると

細胞内グルタチオンの産生を高めると、元気で若々しい長寿が

細胞内のグルタチオン濃度を高めて、内から美肌にする対処方法

熱帯ウコン成分と効果

熱帯ウコンには高濃度クルクミノイドと豊富な精油成分を含有

ターメリックの持つ栄養素の全てが健康維持に大きく貢献

成分の吸収と効果

黒コショウのピペリンはクルクミンの効果を20倍高める

クルクミノイドと豆レシチンは細胞活性化の素晴らしいコンビ

動脈硬化

動脈硬化を引き起こす高ホモシステイン血症はLH比の悪化が要因

LH比悪化、高ホモシステイン血漿は、生体防御機構を弱体化させる

高ホモシステイン血漿による心疾患をクルクミンが予防する

マウスに高脂肪食を与えた実験で、クルクミンが体脂肪を抑制

肝臓機能

肝臓の主な働きと肝臓病になる要因

クルクミノイドの胆汁分泌活性が、肝機能を

ターメリックは、肝硬変を改善する

腎臓機能

クレアチニンの数値が基準値内でも動脈硬化が進んでしまう

血清クレアチニンによる腎臓ろ過能力不足

クルクミノイドの腎臓損傷保護効果

ガン(悪性腫瘍)

ガンにならない,ガンを治癒するいは

ターメリックには、強力な抗がんパンチがパックされている

クルクミノイドが、ガン化を促進するNF-kBの活性を抑制

クルクミンとプロポリスは、ガン治療の有望な天然素材

乳癌の予防と治療にターメリックと黒コショウ

スティーブジョブス氏の死をまねいた膵臓ガンを避けるために

「癌のリスクはゼロに近くできる」と主張

アルツハイマー病

クルクミンが、アミロイド・ベータの沈着や繊維化を抑制

ターメリックとビタミンD3がアルツハイマー病のプラークを溶かす

脳の酸化を防ぐ、マスター抗酸化剤、「グルタチオン」

糖尿病の人は、4.6倍の確立でアルツハイマー病になる

うつ病

天然物なのに、ひょっとして最強の抗うつ剤

高ホモシステイン血漿が、うつ病を発症させる

骨粗鬆症

閉経後や老化によって骨粗鬆症が急速に進行してしまう理由

ホモシステインが多いと骨折しやすい、米国、オランダの2研究所で

関節リュマチ

間接リウマチと骨の損失に対するクルクミノイドの効果的な働き

ブロメラインとクルクミノイドが合わさるとリウマチに効果的

糖尿病

ターメリック(熱帯ウコン)が肥満と糖尿病の予防と治療に有効

クルクミンは、血糖値を安定させ、インスリン受容体の数を増やし

慢性肺疾患

ターメリックは、慢性肺疾患に対する有効、且つ潜在的治療剤である

クルクミンの効果

クルクミンはインターフェロンであり、天然の抗癌剤でもあるといわれています

ターメリックの高濃度クルクミノイドによる驚異的抗酸化作用と抗炎症作用の防護効果






会社概要通信販売法に基ずく表記個人情報保護ガイドラインに基づく表記

Copyright(c) 2010 TOKAI AGRIGARDEN,INC. All Rights Reserved.