ターメリック 〔熱帯ウコン〕は、肝硬変を改善する。

有効成分クルクミンが含まれているこのスパイスは、インド、アーユルベーダにおける最も有効な治療用の薬として古くから使用されてきました。肝硬変を含む肝臓の改善を広範かつ強力な薬効を持っています。黄金のスパイス、ターメリックの特性に関する科学的研究は、その並外れた薬効を世界中の研究機関によって明らかにされ続けています。

また、近年、科学者たちは、ターメリックに含まれる天然化合物が、抗炎症作用、抗酸化作用、抗腫瘍作用などの特性によって、適切に予防と治癒をすることを証明しています。

「ミシガン州立大学の総合ガンセンター研究者は、クルクミンがピペリン(黒コショウの成分)と組み合わさった場合、乳癌をも治療し、予防における重要な役割を果たすことができた。」アメリカのウェッブサイト、ナチョラルニュースによって報じられています。

ジャーナル・ガットは、消火器病学と肝臓学における新しい研究の公開、いまだに肝障害や肝硬変といった深刻な健康問題になっており、ターメリックの主要成分クルクミンで、そのための治療ができるということを提言しています。

慢性胆管疾患は、選択する治療に制限と肝移植するための重要な指標が表わされています。クルクミンは、スパイス、ターメリックの黄色い色素、肝臓に化学的に引き起こされた動物モデルの肝臓損傷を減少させる多面性(複数の効果)を持っている。オーストリアの医科大学グラーツで、消火器病学と肝臓学の部門の科学者が研究の著者として書き記しています。

この濾過器官が徐々に低下する場合、肝臓の硬変は慢性的な損傷のために機能不全の状態になる。瘢痕組織が部分的に肝臓を通る血液の流れをブロックして、健康な肝臓組織に取って代わる。瘢痕は、また、肝臓の能力を損なってしまいます。

それらが破損する場合、健康的な肝臓は、高度な末期の肝硬変ではまだ、それ自身の細胞の大部分を再生することができる、肝臓は効果的に細胞が破損して置き換えられます。肝硬変は、肥満が一般的な原因とされていますが、重度のアルコール消費習慣とC型慢性肝炎が肝硬変の最も一般的な原因と考えられます。

肝硬変のその他の原因には、B型肝炎、D型肝炎、および自己免疫性肝炎を含んでいる損傷、または胆管、継承された疾患、非アルコール性脂肪肝疾患、および薬物、毒素、感染症です。

肝硬変の初期段階では、人には通常何の症状も表れませんが、病気が進行するにつれて、患者は疲労感、食欲不振、吐き気、嘔吐、体重減少、腹痛、腹部膨満、かゆみ、そして皮膚にクモ状の血管が表れ、衰弱を経験していくことになる。

この広範な薬用植物、ターメリックが含んでいる保護特質を列挙してみると、抗炎症、鎮痛剤、抗細菌、抗腫瘍、抗アレルギー、抗酸化剤、防腐剤、抗けいれん、収斂、駆風、胆汁分泌促進薬、消化器、利尿剤と覚せい剤と驚くべき保有になっています。クルクミンはまた、動脈硬化の原因とされているホモシステイン濃度を低減する免疫細胞を調節し、癌細胞の形成に寄与する有害な炎症性物質を減らすことができます。

クルクミンは、胆汁の流れを高め、肝細胞を若返らせる肝臓の洗浄剤として機能します。毒素を分解する肝臓の能力を向上させるのに加えて、クルクミンは肝臓に悪影響を及ぼすアルコールや他の毒素の変換した物質を無毒化してくれます。

イギリスの医学協会の専門医ジャーナル、ガット2010の研究発表では、科学者たちはターメリックが、硬化性胆管炎や原発性胆汁肝硬変症などの肝臓の進行性炎症状態に起因する損傷を遅らせる可能性を見つけた。

遺伝的欠陥あるいは自己免疫疾患によって引き起こされる両方の症状が、炎症を起こして肝臓胆管の配管システムが傷つき閉塞してしまう。このことは、広範な組織の損傷や最終の致命的な肝硬変につながってしまう。

研究における科学者は、4週間または8週間の期間にわたって慢性的な肝臓に炎症を起こしているマウスの食事にクルクミンを追加した。研究者が、動物のエサにクルクミンを追加すると著しく胆管閉塞が減少し、炎症プロセスに関与するいくつかの化学的シグナル伝達経路に干渉することで肝細胞(肝実質細胞)の損傷や瘢痕(線維症)を鈍化させたことを見つけました。

「これらの経路をターゲットにして有望な治療アプローチが可能です。」オーストリアのグラーツ医科大学で研究と内科の教授、マイケルトローネは、執筆者として述べています。


出典
「NaturalNews」
New hope for liver disease: curcumin in tumeric spice fights liver damage and cirrhosis

「Turmeric Improves Cirrhosis of the Liver] Apr 26, 2010 Laura Owens、
Laura Owens has been a member of Suite101 since 2008
“Curcumin improves sclerosing cholangitis in Mdr2-/- mice by inhibition of cholangiocyte inflammatory response and portal myofibroblast proliferation,” Gut , 2010.
The National Digestive Diseases Information Clearinghouse (NDDIC), NIH Publication No. 09–1134.
“Turmeric May Fight Multiple Sclerosis,”Accessed, April 25th, 2010.

肝臓の主な働きと肝臓病になる要因

クルクミノイドが胆汁の分泌を促がし、肝機能を活性化する。

クルクミノイドと豆レシチンは、肝臓をはじめとした細胞活性化の素晴らしいコンビ

動脈硬化を引き起こす高ホモシステイン血症はLH比率の悪化が原因では

黒コショウのピペリンはクルクミン効果を20倍高める


グルタチオン

クルクミノイドの抗酸化作用・抗炎症作用

クルクミノイドがグルタチオン、S-トランスフェラーゼを誘導すると

細胞内グルタチオンの産生を高めると、元気で若々しい長寿が

クルクミノイドと豆レシチンは細胞活性化の素晴らしいコンビ

細胞内のグルタチオン濃度を高めて、内から美肌にする対処方法

熱帯ウコンには高濃度クルクミノイドと豊富な精油成分が含有

成分の吸収と効果

黒コショウのピペリンはクルクミンの効果を20倍高める

肝臓機能

肝臓の主な働きと肝臓病になる要因

クルクミノイドの胆汁分泌活性が、肝機能を

腎臓機能

クレアチニンの数値が基準値内でも動脈硬化が進んでしまう

血清クレアチニンによる腎臓ろ過能力不足

クルクミノイドの腎臓損傷保護効果

ガン(悪性腫瘍)

ガンにならない,ガンを治癒するいは

クルクミノイドが、ガン化を促進するNF-kBの活性を抑制

クルクミンとプロポリスは、ガン治療の有望な天然素材

乳癌の予防と治療にターメリックと黒コショウ

「癌のリスクはゼロに近くできる」と主張

アルツハイマー病

アルツハイマー認知症とクルクミノイド

ターメリックとビタミンD3がアルツハイマー病のプラークを溶かす

糖尿病の人は、4.6倍の確立でアルツハイマー病になる

うつ病

クルクミンの抗うつ活性が、ピペリン効果によって飛躍的に!

骨粗鬆症

閉経後や老化によって骨粗鬆症が急速に進行してしまう理由

関節リュマチ

間接リウマチと骨の損失に対するクルクミノイドの効果的な働き

ブロメラインとクルクミノイドが合わさるとリウマチに効果的

糖尿病

ターメリック(熱帯ウコン)が肥満と糖尿病の予防と治療に有効







Copyright(c) 2010 TOKAI AGRIGARDEN,INC. All Rights Reserved.