ターメリックの持つ栄養の全てが健康維持に貢献

〔 クルクミンの他に強力な抗炎症作用の精油成分、マンガン、食物繊維、ビタミンB6、カリウム、ビタミンC、鉄、マグネシウムなどの栄養素を含む〕

赤いオレンジ色のスパイス、ターメリック(熱帯ウコン)は、肝臓機能を改善し、心臓血管疾患が起らないようにするのに非常に効果的である。

また、ターメリックは、切り傷や火傷に対してとっても効果がある。

インドでは、ターメリックがヒンズー語のHaldiと呼ばれ、調理された食品のほぼ全てになくてはならない存在になっています。

ターメリックは、栄養素が豊富であり、多くの健康に有益な特質を持っている。

ターメリックの健康上の特質 : 栄養成分

ターメリックは、マンガンと鉄分の良い栄養源だけでなく、食物繊維、ビタミンB6やカリウム、ビタミンC,鉄、マグネシウムも含まれている。

ナトリウムやコレステロールは非常に低い。

切り傷や火傷に対して有効

さまざまな研究では、ターメリック精油には強力な抗炎症作用が示されている。 それは、切り傷や火傷を直ぐに治すとしてアーユルヴェーダにおける局所処置用の軟膏として積極的に使用されています。

研究者によると、ターメリックの最も重要な抗炎症成分が、赤いオレンジの色素に他ならないクルクミンである。

クルクミンによる痛みの治癒効果は、非ステロイド性抗炎症薬としての強力な薬、ヒドロコルチゾンおよびフェニルブタゾンなどのような店頭薬と比較してもそん色がない。

従来のほとんどの薬剤は潰瘍形成、白血球数、腸管出血減少などの副作用がある一方、クルクミンにはこの種の毒性作用がない。

ターメリックの主要な成分、クルクミンは肝臓機能を向上させることができる。

ハイデラバードにある栄養学の国立研究所、食品医薬安全性研究センター、インドの研究者によって肝臓の有毒化学物質をターメリックが解毒するのを見つけ出しています。

研究者たちは、人の肝臓において食事からの発がん性物質の影響を緩和することができるように適度の量のターメリックを調味料として日々の食事に加える必要を説いています。

循環器疾患に対する保護

ターメリックに含まれるビタミンB6の存在は体内のホモシステインの濃度を減らす働きがあります。

ホモシステインの濃度が高まると血管壁に損傷を与えてしまい、それが原因で冠状動脈におけるプラークの蓄積や石灰化を招き、心臓病を発症してしまいます。

ターメリックは、ビタミンB6が豊富に含まれる食品として食べることができ、このリスクを減少させ、心血管疾患や脳卒中を防ぐことができます。

高ホモシステイン濃度とは別に、コレステロールの酸化もプラークの蓄積と血管の損傷を招き、脳卒中や心臓発作をもたらしてしまいます。

ターメリックには酸化するコレステロールを防止するクルクミンが含まれています。

ターメリックのがん予防特性

ターメリックの健康のためになる主要な一つにがん予防の特性がある。

その最も重要な薬理学的作用は、クルクミンが大腸癌を防ぐために大変有効であることです。

その抗酸化作用は、フリーラジカルが大腸細胞への攻撃できないようにします。

フリーラジカルは、大腸の.細胞構造に大きな損傷を与えて急速に拡大し、癌細胞の迅速な形成につなげます。

ターメリックを含んだ食べ物を食べることは、癌や他の病気に対して本当に有益なことです。

出典
ターメリック:http://www.whfoods.com/genpage.php?tname=foodspice&dbid=78
ターメリックの健康上の利点:http://nutritiondata.self.com/facts/spices-and-herbs/212/2#ixzz0zbflpi50
ターメリックと肝機能:http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/8332589

ターメリック(熱帯ウコン)には高濃度クルクミノイドと豊富な精油成分、ミネラルを含有

クルクミノイドの抗酸化作用・抗炎症作用は、強力な疾患治癒力を持った天然物質です。

黒コショウのピペリンはクルクミンの効果を20倍高める。

クルクミノイドが、ガン化を促進するNF-kBの活性を抑制する

「癌のリスクはゼロに近くできる」と主張

HOME/エイコサノイド


クルクミノイド

クルクミノイドの抗酸化作用・抗炎症作用

スーパースパイス、ターメリック治療

グルタチオン

生体の防護機構を強化するにはグルタチオンの産生が不可欠

クルクミノイドがグルタチオン、S-トランスフェラーゼを誘導すると

細胞内グルタチオンの産生を高めると、元気で若々しい長寿が

細胞内のグルタチオン濃度を高めて、内から美肌にする対処方法

熱帯ウコン成分と効果

熱帯ウコンには高濃度クルクミノイドと豊富な精油成分を含有

成分の吸収と効果

黒コショウのピペリンはクルクミンの効果を20倍高める

クルクミノイドと豆レシチンは細胞活性化の素晴らしいコンビ

動脈硬化

動脈硬化を引き起こす高ホモシステイン血症はLH比の悪化が要因

LH比悪化、高ホモシステイン血漿は、生体防御機構を弱体化させる

高ホモシステイン血漿による心疾患をクルクミンが予防する

マウスに高脂肪食を与えた実験で、クルクミンが体脂肪を抑制

肝臓機能

肝臓の主な働きと肝臓病になる要因

クルクミノイドの胆汁分泌活性が、肝機能を

ターメリックは、肝硬変を改善する

腎臓機能

クレアチニンの数値が基準値内でも動脈硬化が進んでしまう

血清クレアチニンによる腎臓ろ過能力不足

クルクミノイドの腎臓損傷保護効果

ガン(悪性腫瘍)

ガンにならない,ガンを治癒するいは

ターメリックには、強力な抗がんパンチがパックされている

クルクミノイドが、ガン化を促進するNF-kBの活性を抑制

クルクミンとプロポリスは、ガン治療の有望な天然素材

乳癌の予防と治療にターメリックと黒コショウ

スティーブジョブス氏の死をまねいた膵臓ガンを避けるために

「癌のリスクはゼロに近くできる」と主張

アルツハイマー病

クルクミンが、アミロイド・ベータの沈着や繊維化を抑制

ターメリックとビタミンD3がアルツハイマー病のプラークを溶かす

脳の酸化を防ぐ、マスター抗酸化剤、「グルタチオン」

糖尿病の人は、4.6倍の確立でアルツハイマー病になる

うつ病

天然物なのに、ひょっとして最強の抗うつ剤

高ホモシステイン血漿が、うつ病を発症させる

骨粗鬆症

閉経後や老化によって骨粗鬆症が急速に進行してしまう理由

ホモシステインが多いと骨折しやすい、米国、オランダの2研究所で

関節リュマチ

間接リウマチと骨の損失に対するクルクミノイドの効果的な働き

ブロメラインとクルクミノイドが合わさるとリウマチに効果的

糖尿病

ターメリック(熱帯ウコン)が肥満と糖尿病の予防と治療に有効

クルクミンは、血糖値を安定させ、インスリン受容体の数を増やし

慢性肺疾患

ターメリックは、慢性肺疾患に対する有効、且つ潜在的治療剤である

クルクミンの効果

クルクミンはインターフェロンであり、天然の抗癌剤でもあるといわれています

ターメリックの高濃度クルクミノイドによる驚異的抗酸化作用と抗炎症作用の防護効果





Copyright(c) 2010 TOKAI AGRIGARDEN,INC. All Rights Reserved.