クルクミンは、血糖値を安定させ、インスリン受容体の数を増やし、抵抗性を逆転させる。

〔ターメリックは、酸化ストレス、AGE形成、及び炎症性プロスタグランジンを阻害、信じがたいほど強力な抗老化と健康のための性能強化を促進〕

ターメリックは我々の健康上の効能として信じられないほど、さまざまな疾患に対し、多面的効果を持っている食品です。そして、今も、まさに発見されつつある驚嘆の治癒力と抗炎症作用を有する真のスーパー食品として評価されている東南アジアの自生ハーブです。

細胞性の炎症は、私たちの社会で日常的に発症している変性疾患の根本的な原因です。 ターメリックは、その原因になる炎症と酸化ストレスを減少させる天然物質をもったハーブです。

その天然物質とは、オレンジ色がもたらすクルクミノイドポリフェノールの驚嘆すべき抗酸化物質です。この主成分クルクミノイドに帰する健康上の効果に関与しているのがクルクミンです。

血糖の不均衡とインスリン抵抗性の細胞膜は、体内の炎症状態を促進する重要な要因です。 クルクミンは、血糖値を安定させ、インスリン受容体の数を増やし、インスリンへの受容体結合能を改善することによって細胞のインスリン抵抗性を逆転させることが明らかにされています。

クルクミンは、遺伝子の発現を調節し、血液から糖の取り込みと利用を調節する核内受容体タンパク質のグループであるPPAR(ペルオキシソーム増殖活性化因子受容体)、を活性化することが示されています。

また、肝臓において、糖質の形をした酵素の活性を増加させながら血液中に糖を放出する酵素の活性を減少させます。これらのメカニズムを介して、クルクミンが糖尿病ラットにおける血糖値とトリグリセライド(中性脂肪)のレベルをはっきりと減少させることが示されている。

血糖の不均衡は十分な規制なしで発生すると、ブドウ糖の交差結合が、機能性タンパク質を伴って形成されるため、これらの新しい分子は、細胞膜を損傷させるきわめて重要な酵素系と体内の炎症を永続させる高度な解糖酵素と呼ばれています。

クルクミンは、これらの危険な物質の形成を阻害し、炎症性の火災をオフにすることが示されています。ターメリックは、159,277もの非常に特異な酸化ラジカル吸収能を持つ高い抗酸化物質が豊富なハーブです。

クルクミンのような抗酸化物質は、酸化ストレスに対して非常に強力な変換物質です。ターメリックは、また、グルタチオン、スーパーオキシドディスムターゼ、カタラーゼなどのナチョラル細胞の抗酸化物質のレベルを向上させます。これらの分子は、一日中、酸化ストレスを制限するために身体にとって、とても重要です。

ターメリックの強力なクルクミノイドは、インターロイキン-6 および腫瘍壊死因子-α(TNF-α)などの炎症性媒介プロスタグランジン、サイトカイン及び他の分子を減少させることが明らかにされています。

この局面の変化、それが炎症カスケードから本体を取り出し、細胞レベルで抗炎症性行動を促進します。

ターメリックは、複数の器官系と、複数の生化学的経路を介して酸化ストレス、AGE形成(タンパク質と糖が結びついた物質で日本語では糖化最終産物)、及び炎症性プロスタグランジンを阻害することで、信じがたいほど強力な抗老化と健康のための性能強化が促進されます。

上記のようなメカニズムが、糖尿病を転換し、血管の弾力性を改善することが明らかにされています。

出典
NaturalNews
「Discover the super-food power of turmeric」
About the author:Dr. David Jockers owns and operates ExodusHealth Center in Kennesaw, Ga. He is a Maximized Living doctor.

ターメリック(熱帯ウコン)が肥満と糖尿病の予防と治療に有効

スーパースパイス、ターメリック治療

黒コショウのピペリンはクルクミンの効果を20倍高める。

動脈硬化を引き起こす高ホモシステイン血症はLH比の悪化が原因。

LH比率の悪化が招く、高ホモシステイン血漿によって生体防御機構の弱体化が進行する。

お客様の声【LH比改善】黒コショウと一緒に摂取、LH比が劇的に改善した。

HOME/エイコサノイド


クルクミノイド

クルクミノイドの抗酸化作用・抗炎症作用

スーパースパイス、ターメリック治療

グルタチオン

生体の防護機構を強化するにはグルタチオンの産生が不可欠

クルクミノイドがグルタチオン、S-トランスフェラーゼを誘導すると

細胞内グルタチオンの産生を高めると、元気で若々しい長寿が

細胞内のグルタチオン濃度を高めて、内から美肌にする対処方法

熱帯ウコン成分と効果

熱帯ウコンには高濃度クルクミノイドと豊富な精油成分を含有

ターメリックの持つ栄養素の全てが健康維持に大きく貢献

成分の吸収と効果

黒コショウのピペリンはクルクミンの効果を20倍高める

クルクミノイドと豆レシチンは細胞活性化の素晴らしいコンビ

動脈硬化

動脈硬化を引き起こす高ホモシステイン血症はLH比の悪化が要因

LH比悪化、高ホモシステイン血漿は、生体防御機構を弱体化させる

高ホモシステイン血漿による心疾患をクルクミンが予防する

マウスに高脂肪食を与えた実験で、クルクミンが体脂肪を抑制

肝臓機能

肝臓の主な働きと肝臓病になる要因

クルクミノイドの胆汁分泌活性が、肝機能を

ターメリックは、肝硬変を改善する

腎臓機能

クレアチニンの数値が基準値内でも動脈硬化が進んでしまう

血清クレアチニンによる腎臓ろ過能力不足

クルクミノイドの腎臓損傷保護効果

ガン(悪性腫瘍)

ガンにならない,ガンを治癒するいは

ターメリックには、強力な抗がんパンチがパックされている

クルクミノイドが、ガン化を促進するNF-kBの活性を抑制

クルクミンとプロポリスは、ガン治療の有望な天然素材

乳癌の予防と治療にターメリックと黒コショウ

スティーブジョブス氏の死をまねいた膵臓ガンを避けるために

「癌のリスクはゼロに近くできる」と主張

アルツハイマー病

クルクミンが、アミロイド・ベータの沈着や繊維化を抑制

ターメリックとビタミンD3がアルツハイマー病のプラークを溶かす

脳の酸化を防ぐ、マスター抗酸化剤、「グルタチオン」

糖尿病の人は、4.6倍の確立でアルツハイマー病になる

うつ病

天然物なのに、ひょっとして最強の抗うつ剤

高ホモシステイン血漿が、うつ病を発症させる

骨粗鬆症

閉経後や老化によって骨粗鬆症が急速に進行してしまう理由

ホモシステインが多いと骨折しやすい、米国、オランダの2研究所で

関節リュマチ

間接リウマチと骨の損失に対するクルクミノイドの効果的な働き

ブロメラインとクルクミノイドが合わさるとリウマチに効果的

糖尿病

ターメリック(熱帯ウコン)が肥満と糖尿病の予防と治療に有効

慢性肺疾患

ターメリックは、慢性肺疾患に対する有効、且つ潜在的治療剤である

クルクミンの効果

クルクミンはインターフェロンであり、天然の抗癌剤でもあるといわれています

ターメリックの高濃度クルクミノイドによる驚異的抗酸化作用と抗炎症作用の防護効果





Copyright(c) 2010 TOKAI AGRIGARDEN,INC. All Rights Reserved.