ターメリック 〔熱帯ウコン〕が、肥満と糖尿病の予防と改善に有効。

ターメリック、またはその有効成分クルクミンが、肥満と糖尿病の予防と改善に有効である可能性がコロンビア大学医療センター・ナオミベリー糖尿病センター内分泌研究の科学者らによって成果が発表されています。

ターメリックで治療処理されたマウスに高脂肪、高カロリーの餌を与えたにもかかわらず、体重が減り、グルコースとインスリン負荷テストに基づいて2型糖尿病マウスが、大幅に脂肪組織およびコントロールと比較して肝臓の炎症が減少し、糖尿病を発症しにくくなることを科学的な観察で測定した。

炎症は多くの病気で重要な役割をしています。肥満は成人後に発症する 2型糖尿病の主要なリスク要素で、炎症は、肥満と 2型糖尿病の両方にかかわると考えられています。

彼らは、ターメリックの主成分であるクルクミンの抗炎症作用、抗酸化作用によってインスリン抵抗性を減少させることが、これらのマウスにおける肥満によって誘発された炎症反応を鈍らせて、2型糖尿病を発症しないようにすると推測しています。

研究者は、2つの異なるマウスモデルに高用量のクルクミンの餌でテストを行った、肥満と2型糖尿病タイプ、高脂肪食給餌雄マウスやレプチン欠損肥満雌マウスを、低脂肪食のやせた野生型マウスがコントロールとして使用されます。

ヘモグロビンA1c による血糖値の長期の状態や、糖負荷試験やインスリン負荷試験の結果に基づいて、ターメリックを与えたマウスは、 2 型糖尿病をあまり発症しないようです。クルクミンの摂取は、カロリーの摂取量が多いにも関わらず、小さいが重要な体重と脂肪の減少に関係しています。これは身体組成に有益な影響を及ぼすことを表しています。

肥満に関連づけられている炎症は、体中の脂肪組織のマクロファージと呼ばれる免疫細胞の存在する部分に起因するとナオミベリー糖尿病センターの研究者によって数年前に示された。

これらの細胞が”サイトカイン“分子を生成し、筋肉や肝臓でインスリン抵抗性を増加させながら心臓といった臓器などやすい臓のランゲルハウス島に炎症を引き起こす可能性がある。これら細胞の数と活性をターメリック、または類似した作用を持つ薬剤によって、肥満による悪影響の部分を削減する可能性があると考えています。

研究者は、ターメリックを糖尿病の予防及び糖尿病治療として摂取する場合の1日当たりの摂取量は非実用的ですが、自然で安全な治療として、従来の療法をうまく補完するかもしれないし、クルクミンの吸収や効果を増加させる方法が見つかれば、糖尿病の新しい治療法に役立つとしています。

タイムリーなことに黒コショウに含まれるピペリンという成分が、ターメリックのクルクミン及びそのクルクミン類縁体の体内吸収と効果を飛躍的に高めることが、乳癌を克服したスクール心理カウンセラーのバーバラ(Barbara is a school psychologist)女史によって「黒胡椒の物質は、養分の吸収を2000パーセント増加させる。」というタイトルで「NaturalNews」に記載されています。


出典
「NaturalNews」Curcumin news, articles and information
「Turmeric Shows Promise in Combating Diabetes and Obesity」
「Study Shows Turmeric May Prevent Type 2 Diabetes」

動脈硬化を引き起こす高ホモシステイン血症はLH比の悪化が原因では

LH比率の悪化が招く、高ホモシステイン血漿によって生体防御機構の弱体化が進行する。

黒コショウのピペリンはクルクミンの効果を20倍高める。

クルクミノイドが、異常な炎症反応を引き起こす転写因子NF-kB(エヌエフ-カッパービー)の活性を抑制する。

糖尿病の人は、4.6倍の確立でアルツハイマー病になる。


グルタチオン

クルクミノイドの抗酸化作用・抗炎症作用

クルクミノイドがグルタチオン、S-トランスフェラーゼを誘導すると

細胞内グルタチオンの産生を高めると、元気で若々しい長寿が

クルクミノイドと豆レシチンは細胞活性化の素晴らしいコンビ

細胞内のグルタチオン濃度を高めて、内から美肌にする対処方法

熱帯ウコンには高濃度クルクミノイドと豊富な精油成分が含有

成分の吸収と効果

黒コショウのピペリンはクルクミンの効果を20倍高める

肝臓機能

肝臓の主な働きと肝臓病になる要因

クルクミノイドの胆汁分泌活性が、肝機能を

ターメリックは、肝硬変を改善する

腎臓機能

クレアチニンの数値が基準値内でも動脈硬化が進んでしまう

血清クレアチニンによる腎臓ろ過能力不足

クルクミノイドの腎臓損傷保護効果

ガン(悪性腫瘍)

ガンにならない,ガンを治癒するいは

クルクミノイドが、ガン化を促進するNF-kBの活性を抑制

クルクミンとプロポリスは、ガン治療の有望な天然素材

乳癌の予防と治療にターメリックと黒コショウ

「癌のリスクはゼロに近くできる」と主張

アルツハイマー病

アルツハイマー認知症とクルクミノイド

ターメリックとビタミンD3がアルツハイマー病のプラークを溶かす

糖尿病の人は、4.6倍の確立でアルツハイマー病になる

うつ病

クルクミンの抗うつ活性が、ピペリン効果によって飛躍的に!

骨粗鬆症

閉経後や老化によって骨粗鬆症が急速に進行してしまう理由

関節リュマチ

間接リウマチと骨の損失に対するクルクミノイドの効果的な働き

ブロメラインとクルクミノイドが合わさるとリウマチに効果的







Copyright(c) 2010 TOKAI AGRIGARDEN,INC. All Rights Reserved.