スーパー食品による驚異的な LH比率 1.08 を持つ、マイクアダムス氏の「健康への証明」

毎年、FDA(アメリカ食品医薬品局)とCDC(アメリカ疾病予防管理センター)は、3人に一人がガンに侵され、内9人に一人が乳癌になるという恐ろしい統計を発表しています。

マイクアダムスは、「癌のリスクはゼロに近くできる」と主張する。

自然の健康と良好な栄養状態にコミットすれば、自分自身で治癒することが可能です。
私は、あらゆる癌を引き起こすような食品を食べません。

実際に、私は抗がん食品を食べています。いわゆるカレーの材料として、それがターメリック(熱帯ウコン)の有効成分であるクルクミンと呼ばれているものを知っていますか?


クルクミンは、ガン腫瘍が引き起こすところのこれらの腫瘍に栄養を供給する血管を破壊して、成長することができないようにして、腫瘍があなたの身体の中で死ぬようにします。


あなたは、黒コショウクルクミンを一緒に組み合わせれば、それは、クルクミンの効能を1000倍にも高めることになります。


このことは、あなたが簡単に体験することができる最も強力な自然療法を行えるということです。


あなたは、カレー胡椒、いくらかのブロッコリーを加えて食べれば、48時間後にあなたの身体のガン腫瘍を現代の科学で知られている任意の化学療法よりも以上に破壊されています。(※固形ルーを使用しないターメリックの入ったインドカレー)

あなたの健康を大いに向上させることができる、深刻な病気でさえも治療する異なるものが文字通り何百とあります。

私の研究では、医薬品のほとんどはすたれてしまい、信じられないほど健康な人間になるために使用できる栄養療法としてスーパー食品に多くの治癒の可能性があります。


私がその一例です。


私は38歳で、LDLコレステロールの値が 67、HDLが 62、静止した時の脈拍が48という完璧なビジョンをもっています。


私は、これらのスーパー食品あなたの健康を高めるために何ができるかの証明です。


マイクアダムス氏の驚異的なLH比率 1.08

赤ちゃんなみの数値!


LH比(LDLコレステロール÷HDLコレステロール)が高くなるにつれて、動脈硬化はどんどん進行します。


血管の中がLH比によってどのように変化するかを内視鏡で撮影したものを見ると、LH比が1.0以下だと血管の内壁はツルツルでまるで赤ちゃんの肌のようです。
これが1.5を上回ると血管の壁にコレステロールの輪ができ始めます。2.0を超えるとコレステロールの塊が血管全体にこびりついてゆきます。そして、2.5を超えるとコレステロールの塊がいつ破裂するか解らない状態になります。

          日本大学医学部附属板橋病院 心臓血管外科   泰 光賢氏


一般的にコレステロールが高い状態を高脂血症といいますが、この状態が長く続くと動脈硬化が進行して心筋梗塞や脳梗塞などの虚血系疾患を発症しやすいといわれてきましたが、最近では総コレステロール値が高いからといって必ずしも動脈硬化が進行するとは限らず、むしろLDLコレステロールとHDLコレステロールの比率が問題になってきています。

LDLコレステロールのことを悪玉コレステロール、HDLコレステロールのことを善玉コレステロールといわれていますが、この悪玉コレステロールと善玉コレステロールの比率を表したものがLH比と呼ばれています。

これは、LDLコレステロールをHDLコレステロールの値で割ったものです。この値が高くなるにつれて、動脈硬化が進行してゆくといわれています。


こういった観点からマイクアダムス氏のLH比率は、まさに驚異的な健康血液を持った人間ということを証明しています。

出典
NaturalNews「Foods That Prevent Cancer - An Interview With Mike Adams」
「動脈硬化の注意信号」読売新聞主催、市民公開講座 小倉記念病院、横井宏佳氏

黒コショウのピペリンはクルクミンの効果を20倍高める。

乳癌の予防と治療にターメリックと黒コショウが有効

動脈硬化は、LH比の悪化による肝臓機能低下がホモシステインの代謝不良を招いた結果では?

LH比率の悪化が招く、高ホモシステイン血漿によって生体防御機構の弱体化が進行する。


グルタチオン

クルクミノイドの抗酸化作用・抗炎症作用

クルクミノイドがグルタチオン、S-トランスフェラーゼを誘導すると

細胞内グルタチオンの産生を高めると、元気で若々しい長寿が

クルクミノイドと豆レシチンは細胞活性化の素晴らしいコンビ

細胞内のグルタチオン濃度を高めて、内から美肌にする対処方法

熱帯ウコンには高濃度クルクミンと豊富な精油成分等が含有

成分の吸収と効果

黒コショウのピペリンはクルクミンの効果を20倍高める

肝臓機能

肝臓の主な働きと肝臓病になる要因

クルクミノイドの胆汁分泌活性が、肝機能を

ターメリックは、肝硬変を改善する

腎臓機能

クレアチニンの数値が基準値内でも動脈硬化が進んでしまう

血清クレアチニンによる腎臓ろ過能力不足

クルクミノイドの腎臓損傷保護効果

ガン(悪性腫瘍)

ガンにならない,ガンを治癒するいは

クルクミノイドが、ガン化を促進するNF-kBの活性を抑制

クルクミンとプロポリスは、ガン治療の有望な天然素材

乳癌の予防と治療にターメリックと黒コショウ

アルツハイマー病

アルツハイマー認知症とクルクミノイド

ターメリックとビタミンD3がアルツハイマー病のプラークを溶かす

糖尿病の人は、4.6倍の確立でアルツハイマー病になる

うつ病

クルクミンの抗うつ活性が、ピペリン効果によって飛躍的に!

骨粗鬆症

閉経後や老化によって骨粗鬆症が急速に進行してしまう理由

関節リュマチ

間接リウマチと骨の損失に対するクルクミノイドの効果的な働き

ブロメラインとクルクミノイドが合わさるとリウマチに効果的

糖尿病

ターメリック(熱帯ウコン)が肥満と糖尿病の予防と治療に有効







Copyright(c) 2010 TOKAI AGRIGARDEN,INC. All Rights Reserved.