クルクミノイドの吸収とリウマチの原因となる免疫複合体を抑制するブロメライン

中華料理の人気メニューの酢豚や洋風の肉料理にパイナップルが使用されていて、一見不似合いな感覚を持つことがありますが、食べてみると大変美味しくいただいた経験をされていると思います。これらの料理ばかりでなく、肉を調理する前にパイナップルを一緒につけておくと安価な肉でも柔らかく美味しくなることが料理レシピ本などにも載っています。

果物の中には、パイナップルやキュイフルーツ、パパイヤなどのようにプロテアーゼというタンパク質を分解する酵素を含んでいます。特に、パイナップルに含まれているプロテアーゼは、ブロメラインといって肉などに含まれるタンパク質を強力に分解してくれます。肉を柔らかくしてくれるだけでなく、胃腸の負担を軽くして消化吸収を高めてくれるすぐれた食物です。

リウマチ患者の多くに胃酸の分泌異常が見うけられることから胃における正常な消化機能が果たされていないことが疑われ、このブロメラインが消化吸収を助けるとともに脂溶性のターメリック(熱帯ウコン)主成分クルクミノイドの吸収を促進させるのに、この分解酵素が効果的ということです。

ブロメラインは肉などの消化を促進し、クルクミノイドの吸収を図るだけでなく、リウマチの原因となる免疫複合体を強力に抑える酵素ということです。リユウマチ症状特有な間節の痛みの原因となるキニンという物質の形成を抑える作用があり、その痛みの緩和に効果的といわれています。

ブロメラインとクルクミノイドを一緒に摂取することで、関節リウマチをはじめ、膠原病の改善に効果があり、欧米では実際にエビデンス(臨床結果の実績)を得ているようです。ただ、プロメラインは、熱(温冷共)に分解しやすく新鮮なパイナップルをそのままかジュースなどにして摂取する必要があります。

間接リウマチと骨の損失に対するクルクミノイドの効果的な働き

クルクミノイドが、異常な炎症反応を引き起こす転写因子NF-kB(エヌエフ-カッパービー)の活性を抑制する。


グルタチオン

クルクミノイドの抗酸化作用・抗炎症作用

クルクミノイドがグルタチオン、S-トランスフェラーゼを誘導すると

細胞内グルタチオンの産生を高めると、元気で若々しい長寿が

クルクミノイドと豆レシチンは細胞活性化の素晴らしいコンビ

細胞内のグルタチオン濃度を高めて、内から美肌にする対処方法

熱帯ウコンには高濃度クルクミノイドと豊富な精油成分が含有

成分の吸収と効果

黒コショウのピペリンはクルクミンの効果を20倍高める

肝臓機能

肝臓の主な働きと肝臓病になる要因

クルクミノイドの胆汁分泌活性が、肝機能を

ターメリックは、肝硬変を改善する

腎臓機能

クレアチニンの数値が基準値内でも動脈硬化が進んでしまう

血清クレアチニンによる腎臓ろ過能力不足

クルクミノイドの腎臓損傷保護効果

ガン(悪性腫瘍)

ガンにならない,ガンを治癒するいは

クルクミノイドが、ガン化を促進するNF-kBの活性を抑制

クルクミンとプロポリスは、ガン治療の有望な天然素材

乳癌の予防と治療にターメリックと黒コショウ

「癌のリスクはゼロに近くできる」と主張

アルツハイマー病

アルツハイマー認知症とクルクミノイド

ターメリックとビタミンD3がアルツハイマー病のプラークを溶かす

糖尿病の人は、4.6倍の確立でアルツハイマー病になる

うつ病

クルクミンの抗うつ活性が、ピペリン効果によって飛躍的に!

骨粗鬆症

閉経後や老化によって骨粗鬆症が急速に進行してしまう理由

関節リュマチ

間接リウマチと骨の損失に対するクルクミノイドの効果的な働き

糖尿病

ターメリック(熱帯ウコン)が肥満と糖尿病の予防と治療に有効







Copyright(c) 2010 TOKAI AGRIGARDEN,INC. All Rights Reserved.