間接リウマチと骨の損失に対するクルクミノイドの効果的な働き(NF-kB,転写因子の抑制)

薬科大学のアリゾナ州立大学で、内分泌学者Funk博士はターメリック(熱帯ウコン)の主成分である3つのクルクミノイドと精油成分を使用して抗関節炎に効果的な成分として完成させ、動物モデルによる生体内での実験で、初めてそのメカニズムを明らかにしています。

関節リウマチにおいてNF-κBという転写因子が活性化すると遺伝子に結合して関節部に有害な炎症性タンパク質の増殖を高めてしまう。クルクミノイドが関節部の活性化からNF-κBと呼ばれる転写因子を抑制することを突き止め、クルクミノイドの摂取が、NF-κBを目標とする抗関節炎医薬品と同じ効果のメカニズムを持っていることを示唆しています。また、ターメリックが喘息、多発性硬化症及び炎症性の腸疾患といったような他の炎症性の病気に対しても効果的であると提案しています

さらにFunk博士の研究は、共通の炎症を防止することに加えて、クルクミノイドが骨の再吸収に関与し、その進行を防止することを示唆しています。女性の骨粗鬆症と関連付けられる骨量の減少が閉経期を契機に始まることに注目して、彼女は、閉経周辺期の間に栄養補助食品として摂取されたターメリック(熱帯ウコン)が骨量の減少と骨粗鬆症を防止する可能性があることを提唱し、その実証に対する研究活動を行っています。

NF-κB(エヌエフ・カッパー・ビー、核内因子)は転写因子として働くタンパク質複合体である。 NF-κBはストレスやサイトカイン、紫外線等の刺激により活性化される。NF-κBは免疫反応において中心的役割を果たす転写因子の一つであり、急性および慢性炎症反応や細胞増殖、アポトーシスなどの数多くの生理現象に関与している。NF-κB活性制御の不良はクローン病や関節リウマチなどの炎症性疾患をはじめとし、癌や敗血症性ショックなどの原因となり、特に悪性腫瘍では多くの場合NF-κBの恒常的活性化が認められる。さらにNF-κBはサイトメガロウイルス (CMV) やヒト免疫不全ウイルス (HIV) の増殖にも関与している。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

クルクミノイドの吸収とリウマチの原因となる免疫複合体を抑制するプロメライン

クルクミノイドが、異常な炎症反応を引き起こす転写因子NF-kBの活性を抑制する。

閉経後や老化によって骨粗鬆症が急速に進行してしまう。

腎臓では生命維持に欠かせないカルシュウムの吸収を促しています。

動脈硬化を引き起こす高ホモシステイン血症はLH比の悪化が原因では


グルタチオン

クルクミノイドの抗酸化作用・抗炎症作用

クルクミノイドがグルタチオン、S-トランスフェラーゼを誘導すると

細胞内グルタチオンの産生を高めると、元気で若々しい長寿が

クルクミノイドと豆レシチンは細胞活性化の素晴らしいコンビ

細胞内のグルタチオン濃度を高めて、内から美肌にする対処方法

熱帯ウコンには高濃度クルクミノイドと豊富な精油成分が含有

成分の吸収と効果

黒コショウのピペリンはクルクミンの効果を20倍高める

肝臓機能

肝臓の主な働きと肝臓病になる要因

クルクミノイドの胆汁分泌活性が、肝機能を

ターメリックは、肝硬変を改善する

腎臓機能

クレアチニンの数値が基準値内でも動脈硬化が進んでしまう

血清クレアチニンによる腎臓ろ過能力不足

クルクミノイドの腎臓損傷保護効果

ガン(悪性腫瘍)

ガンにならない,ガンを治癒するいは

クルクミノイドが、ガン化を促進するNF-kBの活性を抑制

クルクミンとプロポリスは、ガン治療の有望な天然素材

乳癌の予防と治療にターメリックと黒コショウ

「癌のリスクはゼロに近くできる」と主張

アルツハイマー病

アルツハイマー認知症とクルクミノイド

ターメリックとビタミンD3がアルツハイマー病のプラークを溶かす

糖尿病の人は、4.6倍の確立でアルツハイマー病になる

うつ病

クルクミンの抗うつ活性が、ピペリン効果によって飛躍的に!

骨粗鬆症

閉経後や老化によって骨粗鬆症が急速に進行してしまう理由

関節リュマチ

ブロメラインとクルクミノイドが合わさるとリウマチに効果的

糖尿病

ターメリック(熱帯ウコン)が肥満と糖尿病の予防と治療に有効







Copyright(c) 2010 TOKAI AGRIGARDEN,INC. All Rights Reserved.