何故、閉経後や老化によって骨密度の低下が急速に進んでしまうのか。

一般に骨粗鬆症といえば、老化にともなって骨量が減少して、その名が示すように骨の密度が粗く、スカスカになって骨折しやすくなってしまった状態のことをいいます。特に負担のかかりやすい太ももの付け根にある大腿骨頸部や背中にある脊椎の骨折が起こりやすくなります。

大腿骨頸部骨折はもちろんのこと、脊椎の圧迫骨折も脊髄の神経を圧迫するために歩行障害などを引き起こし、寝たきりの原因となっています。この症状を原発性骨粗鬆症あるいは退行期骨粗鬆症といい、骨粗鬆症全体のおよそ90%がこれに相当するということです。

退行期骨粗鬆症は50歳から70歳くらいまでの女性に発症する閉経後骨粗鬆症と、男女共に70歳くらいから発症する老人性骨粗鬆症とに分けられます。

現在、日本には1000万人の患者がいると推定されており、女性が全体の7割を占めるとされています。男女の比率は、およそ1対3〜4人で、圧倒的に女性のほうが多く、閉経を迎える50歳前後から増えてきて、60歳代の女性、3人に1人、70歳代の女性、2人に1人が骨粗鬆症にかかっているといわれています。

50歳代の女性の21%、60歳代の48%、70歳代の67%、80歳代の84%と加齢とともに確実に増えていっております。骨粗鬆症による骨折に関しては、有病率の70歳代が25%、80歳代が43%におよび、脳卒中などに続いて多い寝たきりの原因となっています。困ったことにこの病気の特徴として骨折するまで、ほとんど自覚症状がないことが問題を深刻化させています

何故、閉経後に骨粗鬆症が急激に進行するかは、骨量を維持している女性ホルモンのエストロゲンの分泌が少なくなってしまうことが原因とされています。男女別の統計グラフにも閉経後の骨量が一気に低下してしまうことが顕著に表れ、閉経直後においては、およそ20%もの大幅な低下が起こっています。

閉経後の骨量低下による骨粗鬆症有病率
50歳代 21%
60歳代 48%
70歳代 67%
80歳代 84%
加齢とともに確実に増えてしまう。

骨粗鬆症による骨折
70歳代が25%
80歳代が43%

骨の形成は、骨を造る骨芽細胞と骨を壊す(吸収)破骨細胞が互いに作用して新陳代謝を行いながら骨のリモデリング(再構築)を行っています。骨形成を促進する因子として女性ホルモンのエストロゲンや活性ビタミンDなどが、骨吸収をコントロールしている因子として副甲状腺ホルモンやカルシトニンなどがバランスよく影響しあって作用しています。

この破骨細胞と骨芽細胞の骨再生バランスが閉経後の女性ホルモンの減少や老化による動脈硬化の進行と腎臓機能の低下などによって活性ビタミンD3(ホルモン)の排出低下を招き、腸管からのカルシウム吸収が滞ってしまいます。その結果、骨からカルシウムを溶かして血液中に一定量を補うため、徐々にスカスカの骨になってしまいます。

腎臓ろ過能力の低下は、カルシュウムの吸収不足を招く

間接リウマチと骨の損失に対するクルクミノイドの効果的な働き

クルクミノイドが、異常な炎症反応を引き起こす転写因子NF-kB(エヌエフ-カッパービー)の活性を抑制する。

クルクミノイドの吸収とリウマチの原因となる免疫複合体を抑制するプロメライン


グルタチオン

クルクミノイドの抗酸化作用・抗炎症作用

クルクミノイドがグルタチオン、S-トランスフェラーゼを誘導すると

細胞内グルタチオンの産生を高めると、元気で若々しい長寿が

クルクミノイドと豆レシチンは細胞活性化の素晴らしいコンビ

細胞内のグルタチオン濃度を高めて、内から美肌にする対処方法

熱帯ウコンには高濃度クルクミノイドと豊富な精油成分等が含有

成分の吸収と効果

黒コショウのピペリンはクルクミンの効果を20倍高める

肝臓機能

肝臓の主な働きと肝臓病になる要因

クルクミノイドの胆汁分泌活性が、肝機能を

ターメリックは、肝硬変を改善する

腎臓機能

クレアチニンの数値が基準値内でも動脈硬化が進んでしまう

血清クレアチニンによる腎臓ろ過能力不足

クルクミノイドの腎臓損傷保護効果

ガン(悪性腫瘍)

ガンにならない,ガンを治癒するいは

クルクミノイドが、ガン化を促進するNF-kBの活性を抑制

クルクミンとプロポリスは、ガン治療の有望な天然素材

乳癌の予防と治療にターメリックと黒コショウ

「癌のリスクはゼロに近くできる」と主張

アルツハイマー病

アルツハイマー認知症とクルクミノイド

ターメリックとビタミンD3がアルツハイマー病のプラークを溶かす

糖尿病の人は、4.6倍の確立でアルツハイマー病になる

うつ病

クルクミンの抗うつ活性が、ピペリン効果によって飛躍的に!

関節リュマチ

間接リウマチと骨の損失に対するクルクミノイドの効果的な働き

ブロメラインとクルクミノイドが合わさるとリウマチに効果的

糖尿病

ターメリック(熱帯ウコン)が肥満と糖尿病の予防と治療に有効







Copyright(c) 2010 TOKAI AGRIGARDEN,INC. All Rights Reserved.