◆LH比改善

「熱帯ウコン」と「黒コショウ」を一緒に摂取、LH比が劇的に改善した。


◎LH比が2以上だと確実に動脈硬化を発症する。

日本動脈硬化学会は2007年に、「LDL-C値 140mg/dl以上、HDL-C 40mg/dl未満」を動脈硬化(脂質異常症)の危険因子の1つとして診断の基準値を定めています。ところが正常値でありながら急性心筋梗塞などで倒れるケースが少なくないことが、最近の調査研究で明らかになってきています。

社会医療法人社団カレスサッポロ北光記念クリニック(札幌市)、佐久間一郎所長らの研究によると、1999〜2001年の間に初めて急性心筋梗塞になり、北海道24病院へ搬送された患者955人のうち54・5%(520人)がLDL-C120以下、30・3%が(289人)LDL-C100以下だった。

「心筋梗塞を起こす人はLDL-C値が高い」とはいえない。同様の実態報告として小倉記念病院(北九州市)のデータでは、急性冠症候群(心筋梗塞およびその一歩手前の状態)患者(371例)のうち38%がLDL-C100未満で、症例全体の平均も111と低かった。

日本大学心臓血管外科の秦光賢講師のもとにも、急性期の患者が数多く搬送されてくるが、「外科に送られてくるのは重症例が多いのですが、それでもLDL-C120前後の患者が少なくない」という。(読売ウイークリー2008年11月16日号)より

また、日本大学板橋病院の心臓外科で、2004年から5年間に冠動脈バイパス手術を受けた重症患者(245例)の平均LDL‐Cは 119mg/dL、HDL‐Cは43mg/dLと、どちらも基準値内だった。ところがLH比の平均は2.98。さらに、「コテコテの動脈硬化のため全身の血管がボロボロの患者」は、LDLコレステロールが正常でもHDLコレステロールが低く、LH比が3.0を上回っていた。また全身の動脈硬化の状態を反映する頸動脈の血管壁の性状が、動脈硬化で分厚くコブ状になっていた人も、LH比2.0以上の患者が、はるかに多かった。(ダイヤモンド・オンライン)より

もうお分かりいただけたと思いますが、悪玉と善玉の比率、つまりLH比率が1.5から2を上回ると、たとえ両方が基準値を満たしていても動脈硬化が確実に進行して心筋梗塞や脳卒中などがいつでも発症する可能性があるということです。ちなみに、LDL-Cが120未満で心筋梗塞等を発症した患者のうち、糖尿病や高血圧にかかっていた人は8割を超えており、LH比率を見ると2以上を上回るケースがほとんどです。

動脈硬化を引き起こす高ホモシステイン血症はLH比の悪化が原因では

LH比率の悪化が招く、高ホモシステイン血漿によって生体防御機構の弱体化が進行する。

高ホモシステイン血漿による心疾患をクルクミンが予防する。

高ホモシステイン血漿による脳の酸化を防ぐ、マスター抗酸化剤、「グルタチオン」

スーパー食品による驚異的なLH比率1.08を持つマイクアダムス氏の「健康への証明」

黒コショウのピペリンはクルクミンの効果を20倍高める。
















クルクミノイド

クルクミノイドの抗酸化作用・抗炎症作用

クルクミノイドがグルタチオン、S-トランスフェラーゼを誘導すると

細胞内グルタチオンの産生を高めると、元気で若々しい長寿が

クルクミノイドと豆レシチンは細胞活性化の素晴らしいコンビ

細胞内のグルタチオン濃度を高めて、内から美肌にする対処方法

熱帯ウコン成分と効果

熱帯ウコンには高濃度クルクミノイドと豊富な精油成分を含有

ターメリックの持つ栄養素の全てが健康維持に大きく貢献

成分の吸収と効果

黒コショウのピペリンはクルクミンの効果を20倍高める

動脈硬化

動脈硬化を引き起こす高ホモシステイン血症はLH比の悪化が要因

LH比悪化、高ホモシステイン血漿は、生体防御機構を弱体化させる

高ホモシステイン血漿による心疾患をクルクミンが予防する

肝臓機能

肝臓の主な働きと肝臓病になる要因

クルクミノイドの胆汁分泌活性が、肝機能を

ターメリックは、肝硬変を改善する

腎臓機能

クレアチニンの数値が基準値内でも動脈硬化が進んでしまう

血清クレアチニンによる腎臓ろ過能力不足

クルクミノイドの腎臓損傷保護効果

ガン(悪性腫瘍)

ガンにならない,ガンを治癒するいは

クルクミノイドが、ガン化を促進するNF-kBの活性を抑制

クルクミンとプロポリスは、ガン治療の有望な天然素材

乳癌の予防と治療にターメリックと黒コショウ

「癌のリスクはゼロに近くできる」と主張

アルツハイマー病

クルクミンが、アミロイド・ベータの沈着や繊維化を抑制

ターメリックとビタミンD3がアルツハイマー病のプラークを溶かす

脳の酸化を防ぐ、マスター抗酸化剤、「グルタチオン」

糖尿病の人は、4.6倍の確立でアルツハイマー病になる

うつ病

天然物なのに、ひょっとして最強の抗うつ剤

骨粗鬆症

閉経後や老化によって骨粗鬆症が急速に進行してしまう理由

関節リュマチ

間接リウマチと骨の損失に対するクルクミノイドの効果的な働き

ブロメラインとクルクミノイドが合わさるとリウマチに効果的

糖尿病

ターメリック(熱帯ウコン)が肥満と糖尿病の予防と治療に有効

慢性肺疾患

ターメリックは、慢性肺疾患に対する有効、且つ潜在的治療剤である







Copyright(c) 2010 TOKAI AGRIGARDEN,INC. All Rights Reserved.