クルクミノイドの胆汁分泌作用が、肝機能を活性化

日本では二日酔いやアルコール性肝障害の改善にウコンがよく飲まれています。アルコール飲酒によって肝機能に及ぼす影響で、最も大きい問題がアセトアルデヒドという毒素です。クルクミノイドは体内の酵素と一緒に肝機能を高め、肝内でグルタチオンという酵素を高め、アセトアルデヒドという毒素の解毒を速やかにしてくれています。

このようにクルクミノイドの摂取で、アルコールの分解、解毒を早めることに効果があることはすでによく知られたことですが、アメリカでの実証実験で、クルクミノイドを摂取すると胆汁の分泌量を大幅に増やすことができるという事実は、日本においてあまり知られていないようです。

胆汁は中性脂肪を材料として使用するため、多く作られればその分、肝臓内の脂肪を減らすことができ、肝臓の機能もより活発化させることができます。そして胆汁の分泌がスムーズであれば、小腸からの栄養素の吸収はもちろん、栄養素の代謝や有害物質の分解、解毒、エネルギー源の貯蔵等さまざまな働きがスムーズに行うことができます。

その結果、各組織が必要としている栄養分を含んだ血液を身体の隅々まで配り、免疫力を高め、病気になりにくい健康な身体づくりにとても効果的です。


胆汁は肝機能を活発にする栄養吸収剤であり、潤滑油です。

消化・吸収

(不足すると小腸での消化吸収が十分でなくなり、栄養素が不足する。)

胆汁は一日に約1リットも分泌され、脂質や脂溶性ビタミンなどを乳化して消化・吸収しやすくしています。肝機能が低下して胆汁が十分作られなくなると、小腸での脂質や栄養素の消化吸収が悪くなり、水分のみ多く吸収されて、栄養素を取り逃がしてしまいます。吸収されない栄養素は、腐敗作用をおこし大便が悪臭を帯びるばかりでなく便秘の原因になってしまいます。

小腸から肝臓へ栄養素を十分供給できなくなるとエネルギー活動や免疫活動などに不可欠な栄養分を十分に含んだ血液を生産し、身体の各組織へ送ることができず、生命活動に支障をきたしてしまいます。

排泄

(不足すると有害物質が排泄できなくなり、肝臓内や体内に残ってしまう。)

肝臓では食べ物と一緒に取り込んでしまった食品添加物やバイ菌など、まぎれ込んできた有毒物などを分解して、からだに悪影響を及ぼさないよう無毒化してくれています。

薬剤も疾患に対しては薬であっても肝臓にしてみれば有毒物の一種なので、一生懸命解毒します。お酒などアルコール類も同様で、腸から吸収されて肝臓に運び込まれたアルコールは、アセトアルデヒド(分解の過程で発生する毒素で二日酔いの犯人)という物質に変換され、解毒されます。

これらの有害物質が分解、解毒された残渣は胆汁によって体外へ排泄されますが、胆汁の量が十分でないと肝蔵内や、血液に混じって全身に送られ、身体不調の原因になってしまいます。

消費

(古い赤血球や中性脂肪を材料として消費できなくなる。)

肝臓は古くなった赤血球やコレステロールを分解して胆汁を作り、その胆汁を十二指腸に送って食べた脂肪や脂溶性ビタミンの消化吸収を助けたりしています。

過食やアルコールの飲み過ぎ、薬物の副作用などによる脂肪肝など、肝機能の低下から胆汁が十分作られなくなったり、滞ったりしてしまうと古い赤血球のビリルビンや脂肪が消費されなくなってしまいます。

これらが肝蔵内に滞留するだけでなく、血液に流れ込んで動脈硬化の原因や黄疸の症状を招いてしまいます。

便秘

(胆汁の出が十分でないと便秘になりやすい。)

便秘になる原因として、食事の量が少ない、食物繊維不足、水分不足、ストレスなどいろいろな理由がいわれていますが、身体の冷えや脂肪肝などで肝臓の機能が低下してしまうと胆汁の分泌が十分でなくなってしまいます。

本来、柔らかい便が、胆汁の不足によって硬くなってしまい、蠕動運動(腸が伸び縮みして便を押し出す)に支障をきたしてスムーズな排便が行われなくなります。

肝臓の主な働きと肝臓病になる要因

ターメリック(熱帯ウコン)は、肝硬変を改善する。

クルクミノイドと豆レシチンは、肝臓をはじめとした細胞活性化の素晴らしいコンビ

動脈硬化を引き起こす高ホモシステイン血症はLH比率の悪化が原因では

LH比率の悪化が招く、高ホモシステイン血漿によって生体防御機構の弱体化が進行する。


グルタチオン

クルクミノイドの抗酸化作用・抗炎症作用

クルクミノイドがグルタチオン、S-トランスフェラーゼを誘導すると

細胞内グルタチオンの産生を高めると、元気で若々しい長寿が

クルクミノイドと豆レシチンは細胞活性化の素晴らしいコンビ

細胞内のグルタチオン濃度を高めて、内から美肌にする対処方法

熱帯ウコン成分と効果

熱帯ウコンには高濃度クルクミノイドと豊富な精油成分が含有

ターメリックの持つ栄養素の全てが健康維持に大きく貢献

成分の吸収と効果

黒コショウのピペリンはクルクミンの効果を20倍高める

肝臓機能

肝臓の主な働きと肝臓病になる要因

ターメリックは、肝硬変を改善する

腎臓機能

クレアチニンの数値が基準値内でも動脈硬化が進んでしまう

血清クレアチニンによる腎臓ろ過能力不足

クルクミノイドの腎臓損傷保護効果

ガン(悪性腫瘍)

ガンにならない,ガンを治癒するいは

クルクミノイドが、ガン化を促進するNF-kBの活性を抑制

クルクミンとプロポリスは、ガン治療の有望な天然素材

乳癌の予防と治療にターメリックと黒コショウ

「癌のリスクはゼロに近くできる」と主張

アルツハイマー病

アルツハイマー認知症とクルクミノイド

ターメリックとビタミンD3がアルツハイマー病のプラークを溶かす

糖尿病の人は、4.6倍の確立でアルツハイマー病になる

うつ病

天然物なのに、ひょっとして最強の抗うつ剤

骨粗鬆症

閉経後や老化によって骨粗鬆症が急速に進行してしまう理由

関節リュマチ

間接リウマチと骨の損失に対するクルクミノイドの効果的な働き

ブロメラインとクルクミノイドが合わさるとリウマチに効果的

糖尿病

ターメリック(熱帯ウコン)が肥満と糖尿病の予防と治療に有効







Copyright(c) 2010 TOKAI AGRIGARDEN,INC. All Rights Reserved.