肝機能をよく知ることで、病気に侵されない
若々しい身体づくの対処方法が見えてくる。

 

何故、脂肪が溜まると肝機能が停滞して胆汁の分泌が滞ったり、
    活性酸素が多く発生して炎症を起こしてしまうのか?

 

何故、動物性脂肪やタンパク質を好んで食べている人が
    便秘になると大腸ガンや乳ガンになりやすくなるのか?

 

何故、ビタミン類やミネラルが少ないと抗酸化力が低下して病気に
    かかりやすくなってしまうかなどが、肝機能をよく知ることで、
    その対処方法が分かってきます。

肝臓の主な働き

「肝臓」は、腸で吸収された栄養素の全てを処理するだけでなく、身体に入った有毒物を解毒するなど私たちの生命を維持するために実に沢山の働きをしています。
流れる血液の量は、1分間に1リットル以上で、何と1日に2000リットルを越える膨大な数量になるということです。
この血液に生産したエネルギーや免疫を作る栄養分を身体の全組織に運ばせるとともに古くなった血液や有害物質を分解解毒した残渣などを胆汁と一緒に体外へ排出するという生命活動の根幹を担っています。

分泌
 
肝臓は古くなった赤血球やコレステロールを分解して胆汁を作り、その胆汁を十二指腸に分泌して脂肪や脂溶性ビタミン類を乳化させて小腸からの消化吸収を助け、門脈を通って肝臓に取り込みます。
 
代謝
人間が、身体の中に生命活動に欠かせない栄養分を取り込めるのは、肝臓が「代謝」という働きをしているからです。細胞の働きに欠かせない酵素やタンパク質を大量に作りだし、細胞膜にある物質や血液を固める物質、ホルモンの素材、神経伝達物質の素材など身体にとって大切な物質などが、すべて肝臓で代謝されています。

脂肪は、コレステロール・中性脂肪・リン脂質などの身体が必要とする形に作り変えられる。

ブドウ糖、果糖、アミノ酸、脂肪酸などをエネルギーの素になるグリコーゲンという物質に変える。

タンパク質は、アミノ酸から合成され、身体の組織を形作る成分として使われます。

複雑で活発な活動を行う代謝には、大量のビタミン・ミネラルを必要とします。 ビタミン・ミネラルの不足は、代謝障害は勿論、細胞の老化・肝臓の萎縮・再生不良(肝細胞の繊維化)につながります。

 

分解

 

古くなった赤血球中のヘモグロビンを分解して、ビリルビンや鉄分を生成します。ビリルビンは肝臓で処理され胆汁の材料となり、鉄分は新しい赤血球の材料になります。中性脂肪も分解され、胆汁の材料になります。また、アルコールや食べ物、飲み物、薬物などによって体内に入ってきた有害物質を分解します。         

 
解毒

農薬や化学肥料を大量に使用した野菜、抗生物質を投与された養殖魚や家畜、食品添加物が使用されている食べ物や飲み物などを食べることで体内に入ってきた有害物質を分解し、毒のないものに変える働きをします。また、アルコールを分解するときに発生してしまうアセトアルデヒドや消化中に体内で作られるアンモニアなどのようにそのまま体に回ると有毒なものも無毒化しています。
薬も身体にとっては有毒物の一種なので一生懸命に解毒します。          

 
貯蔵

小腸で消化吸収されたブドウ糖、果糖、アミノ酸、脂肪酸などを肝臓でグリコーゲンという物質に変えて貯蔵します。このグリコーゲンは必要なときにブドウ糖に変えられ、全組織に送られてからビタミンBの働きを借りて燃焼させ、活動に必要なエネルギーを作っています。脂肪酸はコレステロール、中性脂肪を作る材料になります。アミノ酸はタンパク質に合成され、身体の組織を作る成分として使われます。使用されなかったものはふたたびグリコーゲンとして貯蔵されます。

 

体熱

肝臓では様々な仕事を精力的にこなしていて、たくさんのエネルギーを発生させています。その熱は血液によって全身に配られ、体熱を維持するために非常に役立っています。肝臓から出る熱は、私たちの体温を維持するというとても重要な仕事も担っています。

 

排泄

有害物質やアンモニア、コレステロールなどの分解されたうちの水に溶けない廃棄物は、胆汁とともに胆道をへて体外へ排出されます。肝機能の不調により胆汁が十分作られないと、これらの廃棄物が血液に流れ出し、動脈硬化などの原因になってしまいます。また、胆汁の材料である赤血球のビルリビンなども血中に溶け出して黄疸症状を招いてしまいます。        



肝臓の主な働き



肝臓機能の状態が悪い場合の症状
(腎臓、糖尿病などの疑いも考えられる)

寝起きが悪い

睡眠時間が十分なのに朝の寝覚めが悪く、起きるのが辛く感ずる。

睡眠中に肝臓で解毒が出来ずに絶えず身体に老廃物が溜っている状態。いわゆるドロドロ血で血流の悪い状態。

身体がだるい

一日中、身体がだるく、疲れやすい。

常に頭が重くどんよりとして気分が晴れない。肝機能の停滞により、有毒物や老廃物が解毒できずに全身に巡っている状態。

手のひらに赤い斑点

手のひらに赤い斑点状にまだら模様ができている

親指のつけ根や小指のつけ根など、ふくらんでいる部分が赤く斑点状になる。手のひらの中央部は普通の色をしている。

怒りっぽくなる

イライラして怒りっぽくなる

肝機能が停滞すると有毒物や老廃物が溜まり、イライラしやすい。

ゲップがでる

ガスが十分に抜けることなく、腹が張ってよくゲップが出る

ゲップがよく出る。横になったときなど寝る時に苦しくなる場合は要注意。

便やおならが臭い

便通が悪く、排便のときやおならの臭気が強い。

肝機能の不調から胆汁の分泌が不十分になって起す便秘などで腐敗したガスを発生させ、おならや息として排出される。

息が臭い

息が臭くなる(未処理アンモニア臭・便秘などによる腐敗臭)

アンモニアなどの有害物質の処理が十分にできなくなり、息もアンモニア臭がするようになる。

尿が泡立つ

尿が便器全体に泡立ち、なかなか消えなくなる

脂肪肝や黄疸の出始めは皮膚を見てもなかなか分かりにくい、尿がビールより濃い色や紅茶色になったり、泡立つのはその初期症状。

こむら返りが起こる

寝ている時やゴルフなど運動をしている時にこむら返りが起こる

夜間就眠中や運動をしている時に血流が悪くなり、栄養や酸素不足などによって筋肉が縮んでしまい、その結果、こむらかえりが起ると考えられています。

手足の冷え

体温が低く、手足がいつも冷えている

肝機能低下による体熱維持が不十分であったり、便秘などによって血管運動神経麻痺が起こり、スムーズな血流が維持できなくなる場合。

ターメリック(熱帯ウコン)は、肝硬変を改善する。

クルクミノイドが胆汁の分泌を促がし、肝機能を活性化

クルクミノイドと豆レシチンは、肝臓をはじめとした細胞活性化の素晴らしいコンビ

動脈硬化を引き起こす高ホモシステイン血症はLH比率の悪化が原因では

黒コショウのピペリンはクルクミンの効果を20倍高める。


グルタチオン

クルクミノイドの抗酸化作用・抗炎症作用

クルクミノイドがグルタチオン、S-トランスフェラーゼを誘導すると

細胞内グルタチオンの産生を高めると、元気で若々しい長寿が

クルクミノイドと豆レシチンは細胞活性化の素晴らしいコンビ

細胞内のグルタチオン濃度を高めて、内から美肌にする対処方法

熱帯ウコン成分と効果

熱帯ウコンには高濃度クルクミノイドと豊富な精油成分が含有

ターメリックの持つ栄養素の全てが健康維持に大きく貢献

成分の吸収と効果

黒コショウのピペリンはクルクミンの効果を20倍高める

肝臓機能

ターメリックは、肝硬変を改善する

クルクミノイドが胆汁の分泌を促がし、肝機能を活性化

腎臓機能

クレアチニンの数値が基準値内でも動脈硬化が進んでしまう

血清クレアチニンによる腎臓ろ過能力不足

クルクミノイドの腎臓損傷保護効果

ガン(悪性腫瘍)

ガンにならない,ガンを治癒するいは

クルクミノイドが、ガン化を促進するNF-kBの活性を抑制

クルクミンとプロポリスは、ガン治療の有望な天然素材

乳癌の予防と治療にターメリックと黒コショウ

「癌のリスクはゼロに近くできる」と主張

アルツハイマー病

アルツハイマー認知症とクルクミノイド

ターメリックとビタミンD3がアルツハイマー病のプラークを溶かす

糖尿病の人は、4.6倍の確立でアルツハイマー病になる

うつ病

天然物なのに、ひょっとして最強の抗うつ剤

骨粗鬆症

閉経後や老化によって骨粗鬆症が急速に進行してしまう理由

関節リュマチ

間接リウマチと骨の損失に対するクルクミノイドの効果的な働き

ブロメラインとクルクミノイドが合わさるとリウマチに効果的

糖尿病

ターメリック(熱帯ウコン)が肥満と糖尿病の予防と治療に有効







Copyright(c) 2010 TOKAI AGRIGARDEN,INC. All Rights Reserved.