高ホモシステイン血漿によって引き起こされる心疾患をクルクミンが予防する。

テキサス州ヒューストンのベイラー大学医学部、血管外科血管内治療のマイケル氏による豚の冠状動脈を用いた実験の結果、クルクミンがホモシステインによって引き起こされる血管内皮機能障害に対して予防効果をもつことがわかりました。

その内容は、豚の冠状動脈を3ミリ幅に輪切りにして4通りの方法で行った。

@コントロールとして何もしない
Aホモシステイン(50マイクロモル/ L)のみ
Bクルクミン(5マイクロモル/ L)のみ
Cクルクミン(5マイクロモル/ L)とホモシステイン(50マイクロモル/ L)を合わせた。

1マイクロモル : 1リットル中の分子量(mol/l)の1/1000000である濃度。

以上4つを24時間、血管に作用する薬剤に浸したところブラジキニンに対して応答した内皮依存性血管拡張は、ホモシステイン投与群では、コントロール群の73%に比べて40%であった。この結果、クルクミンが効果的に内皮依存性血管拡張のホモシステイン誘導障害を阻害する効果があることが認められた。

内皮一酸化窒素合成酵素については、ホモシステインのみのグループでは減少したが、クルクミン及びクルクミン+ホモシステイン両方のグループではコントロール群とほぼ同じでした。また、内皮層スーパーオキシドアニオンの濃度は、ホモシステインのみのグループでは有意に上昇したが、ホモシステインがスーパーオキシドアニオン濃度に及ぼすこの効果さえもクルクミンは阻害した。

「これらのことから、クルクミンが効果的に高ホモシステイン血漿に対して治療効果を発揮することが明らかになった。 また、大幅にホモシステインに誘導されるスーパーオキシドの生産とeNOS(内皮型一酸化窒素合成酵素)のダウンレギュレーション(状況に応じて受容体を減らす)を阻害することから、心疾患の疾病率および死亡率を抑えることができるだろう。」とこの研究チームは結論した。

また、「ホモシステインは、心血管疾患の独立した危険因子であることが認められ、今後、重要な臨床上の問題となる。もっと重要なのは、クルクミンは、天然物質、効果的に血管系のホモシステインの有害な影響をブロックすることができます。したがって、心血管疾患を防ぐために高ホモシステイン血漿患者に使用することができる。」と結んでいます。

ブラジキニン:血圧調節および炎症発現に関与するペプチド。血清たんぱくの一部に組織が障害された結果、遊出してくる酵素によって分解されて生じる。血管拡張、毛細血管の透過性亢進による浮腫などを起こすが、強力な発痛物質としても知られている。

出典
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/15622377
「Curcumin blocks homocysteine-induced endothelial dysfunction in porcine coronary arteries.」
アメリカ国立医学図書館、ナショナル衛生研究所

動脈硬化を引き起こす高ホモシステイン血症はLH比の悪化が原因では

LH比率の悪化が招く、高ホモシステイン血漿によって生体防御機構の弱体化が進行する。

スーパー食品による驚異的なLH比率1.08を持つマイクアダムス氏の「健康への証明」



グルタチオン

クルクミノイドの抗酸化作用・抗炎症作用

クルクミノイドがグルタチオン、S-トランスフェラーゼを誘導すると

細胞内グルタチオンの産生を高めると、元気で若々しい長寿が

クルクミノイドと豆レシチンは細胞活性化の素晴らしいコンビ

細胞内のグルタチオン濃度を高めて、内から美肌にする対処方法


熱帯ウコン成分と効果

熱帯ウコンには高濃度クルクミノイドと豊富な精油成分が含有

ターメリックの持つ栄養素の全てが健康維持に大きく貢献


成分の吸収と効果

黒コショウのピペリンはクルクミンの効果を20倍高める

動脈硬化

動脈硬化を引き起こす高ホモシステイン血症はLH比の悪化が要因


肝臓機能

肝臓の主な働きと肝臓病になる要因

クルクミノイドの胆汁分泌活性が、肝機能を

ターメリックは、肝硬変を改善する

腎臓機能

クレアチニンの数値が基準値内でも動脈硬化が進んでしまう

血清クレアチニンによる腎臓ろ過能力不足

クルクミノイドの腎臓損傷保護効果

ガン(悪性腫瘍)

ガンにならない,ガンを治癒するいは

クルクミノイドが、ガン化を促進するNF-kBの活性を抑制

クルクミンとプロポリスは、ガン治療の有望な天然素材

乳癌の予防と治療にターメリックと黒コショウ

「癌のリスクはゼロに近くできる」と主張

アルツハイマー病

アルツハイマー認知症とクルクミノイド

ターメリックとビタミンD3がアルツハイマー病のプラークを溶かす

糖尿病の人は、4.6倍の確立でアルツハイマー病になる

うつ病

天然物なのに、ひょっとして最強の抗うつ剤

骨粗鬆症

閉経後や老化によって骨粗鬆症が急速に進行してしまう理由

関節リュマチ

間接リウマチと骨の損失に対するクルクミノイドの効果的な働き

ブロメラインとクルクミノイドが合わさるとリウマチに効果的

糖尿病

ターメリック(熱帯ウコン)が肥満と糖尿病の予防と治療に有効








Copyright(c) 2010 TOKAI AGRIGARDEN,INC. All Rights Reserved.