生体の防護機構を強化するには、グルタチオンの産生が不可欠。

人は、ある一定の年齢になると、その人の若い頃からの食習慣や生活態度によって健康な身体かそうでないかが決まってしまいます。精神や身体の防護機構がどのような状態にあるのか、ほとんどの人が生理機能の衰えてくる年代になって、高血圧、動脈硬化、脳卒中、心臓血管障害、ガンなどの病気にみまわれることで、知ることになるようです。

これらは、生体防御機構という一連の生理機能の不備から免疫力が低下し、若い頃からの不節制な生活習慣によってつくられた身体や家族的遺伝体質の弱点に、疾患が発症することになります。

この生体防御機構というのは、活性酸素などのフリーラジカルを処理し、あるいは代謝によって生成した種々の代謝産物、または食品や医薬品として摂取した物質や薬品などを代謝して尿に排泄したりする抱合解毒機構などのことです。

この種の生体防護機構の中でも最も強力な抗酸化物質としてグルタチオンやメチオニンなどの含硫アミノ酸の働きが大変重要です。

生体防御機構とはウイルスやバクテリアが体内に侵入してきたときに排除する免疫作用、毒物や異物を食べてしまった時に働く肝臓の解毒作用、体温を一定に保とうとする作用、激しい運動をしてエネルギーを消費した時に食欲を亢進させる作用などをいい、この生体防御機構がしっかりしていれば病気に侵されにくい身体と元気に若々しく過ごすことが可能です。

グルタチオンは、主要な抗酸化物質として肝臓、肺、血液、脳など、あらゆる生体内に広く分布しています。グルタチオンはグルタチオンペルオキシダーゼとグルタチオン-S- トランスフェラーゼの基質となることで、抗酸化作用を発揮します。グルタチオンペルオキシダーゼは活性酸素の一種である過酸化水素や過酸化脂質を消去します。

グルタチオン-S-トランスフェラーゼは脂質過酸化反応の際に発生し、細胞障害を起こす発ガン性物質、治療薬剤、環境有害物質などの内、求電子化合物の解毒作用を持っている。また、グルタチオンとともに酸化的ストレスによる産生物なども解毒する。

細胞内グルタチオン濃度を高めれば、活性酸素の一種である過酸化水素や過酸化脂質の消去がスムーズに行えるとともにさまざまな毒物・薬物・伝達物質などをシステインに結合(グルタチオン抱合)させて、自ら細胞外へ排出させて細胞の解毒を行っています。

グルタチオンは、活性酸素の毒性を消しさるだけでなく、すでにできてしまった細胞の老化やガン化を招くと考えられている過酸化脂質という有害物質を消去し、身体の酸化を防いでくれます。このように酸化するのを防御するだけでなく、酸化そのものを処理できるのはグルタチオンが生体防護機構における最強の抗酸化物質といわれる由縁です。

グルタチオンは、メチオニンからホモシステインという中間代謝物にビタミンB6の働きでシステインに変換され、グルタミン酸、グリシンとで細胞核内においてグルタチオンを構成します。

「ターメリックにはビタミンB6が含まれており、体内のホモシステインの濃度を減らすのに役だちます。ホモシステイン値の上昇は、血管壁を損傷してしまいます。また、動脈のプラーク蓄積につながると心臓病の原因になります。ビタミンB6を豊富に含んだ食品を食べるとこのリスクを減少させ、心血管疾患を防ぎます。また、高ホモシステイン血漿とは別に、LDLコレステロールの酸化が、プラークの蓄積と血管の損傷につながり、脳卒中や心臓発作を発症します。ターメリックにはコレステロールの酸化を防ぐクルクミンが含まれています。」とウェブサイトBRIGHT HUB「Health Benefits of Turmeric」に記載。

特に、身体にとって望ましくない毒素や汚染物質を取り除くために、それらの有害物質を尿や腸から排泄させる生体防護機構にとって重要な働きを行なっている肝臓機能や腎臓機能にはグルタチオンを高レベルで産生する必要があります。肺機能もまた、部分的に高レベルのグルタチオンが必要です。多くのがん生成化学物質、重金属、薬物代謝などがこの方法で処理されています。

グルタチオン産生の必要性、重要性を強調してもし過ぎることがないほど、ひとつひとつの器官の働きを精査してみるとより明確にグルタチオンの必要性が明らかとなります。とりわけ高齢者になると加齢とともにグルタチオン値はどんどん減少していきます。健康で元気な身体を機能させるためにも、この驚くべき物質の重要性を認識して如何にグルタチオンの産生を高めかを知ることです。


出典
・Dr. Paul Clayton「健康に老いるにはグルタチオン(GSH)」
・山口賢次著 〔生体機能を若返らせる「グルタチオンの秘密」 バイオ時代のイキイキ栄養素〕
・Patricia AL Kongshavn, Ph.Doctor.「Reference - Lomaestro B. Malone M. Glutathione Health and disease: Pharmacotherapeutic Issue,」

クルクミノイドがグルタチオン、S-トランスフェラーゼを誘導、細胞核内グルタチオン濃度を高める。

細胞内グルタチオンの産生を高めると、元気で若々しい長寿が約束される。

動脈硬化を引き起こす高ホモシステイン血症はLH比の悪化が原因。

LH比率の悪化が招く、高ホモシステイン血漿によって生体防御機構の弱体化が進行する。

HOME/エイコサノイド


クルクミノイド

クルクミノイドの抗酸化作用・抗炎症作用

スーパースパイス、ターメリック治療

グルタチオン

クルクミノイドがグルタチオン、S-トランスフェラーゼを誘導すると

細胞内グルタチオンの産生を高めると、元気で若々しい長寿が

細胞内のグルタチオン濃度を高めて、内から美肌にする対処方法

熱帯ウコン成分と効果

熱帯ウコンには高濃度クルクミノイドと豊富な精油成分を含有

ターメリックの持つ栄養素の全てが健康維持に大きく貢献

成分の吸収と効果

黒コショウのピペリンはクルクミンの効果を20倍高める

クルクミノイドと豆レシチンは細胞活性化の素晴らしいコンビ

動脈硬化

動脈硬化を引き起こす高ホモシステイン血症はLH比の悪化が要因

LH比悪化、高ホモシステイン血漿は、生体防御機構を弱体化させる

高ホモシステイン血漿による心疾患をクルクミンが予防する

マウスに高脂肪食を与えた実験で、クルクミンが体脂肪を抑制

肝臓機能

肝臓の主な働きと肝臓病になる要因

クルクミノイドの胆汁分泌活性が、肝機能を

ターメリックは、肝硬変を改善する

腎臓機能

クレアチニンの数値が基準値内でも動脈硬化が進んでしまう

血清クレアチニンによる腎臓ろ過能力不足

クルクミノイドの腎臓損傷保護効果

ガン(悪性腫瘍)

ガンにならない,ガンを治癒するいは

ターメリックには、強力な抗がんパンチがパックされている

クルクミノイドが、ガン化を促進するNF-kBの活性を抑制

クルクミンとプロポリスは、ガン治療の有望な天然素材

乳癌の予防と治療にターメリックと黒コショウ

スティーブジョブス氏の死をまねいた膵臓ガンを避けるために

「癌のリスクはゼロに近くできる」と主張

アルツハイマー病

クルクミンが、アミロイド・ベータの沈着や繊維化を抑制

ターメリックとビタミンD3がアルツハイマー病のプラークを溶かす

脳の酸化を防ぐ、マスター抗酸化剤、「グルタチオン」

糖尿病の人は、4.6倍の確立でアルツハイマー病になる

うつ病

天然物なのに、ひょっとして最強の抗うつ剤

高ホモシステイン血漿が、うつ病を発症させる

骨粗鬆症

閉経後や老化によって骨粗鬆症が急速に進行してしまう理由

ホモシステインが多いと骨折しやすい、米国、オランダの2研究所で

関節リュマチ

間接リウマチと骨の損失に対するクルクミノイドの効果的な働き

ブロメラインとクルクミノイドが合わさるとリウマチに効果的

糖尿病

ターメリック(熱帯ウコン)が肥満と糖尿病の予防と治療に有効

クルクミンは、血糖値を安定させ、インスリン受容体の数を増やし

慢性肺疾患

ターメリックは、慢性肺疾患に対する有効、且つ潜在的治療剤である

クルクミンの効果

クルクミンはインターフェロンであり、天然の抗癌剤でもあるといわれています

ターメリックの高濃度クルクミノイドによる驚異的抗酸化作用と抗炎症作用の防護効果





Copyright(c) 2010 TOKAI AGRIGARDEN,INC. All Rights Reserved.