高ホモシステイン血漿による脳の酸化を防ぐ、マスター抗酸化剤、「グルタチオン」

フリーラジカル(活性酸素)は、脳損傷、神経変性疾患、統合失調症、ダウン症などの発症と進展に多くの脳疾患の重要な役割を果たしている。

グルタチオンは、脳のマスター抗酸化物質であり、脳内の重要な保護的役割を果たしています。グルタミン酸、システイン、グリシンが結合したトリペプチドで、生体内に広く分布し、グルタチオンペルオキシダーゼとグルタチオンS-トランスフェラーゼの基質となることで、抗酸化作用を発揮します。

脳は、人が吸う酸素の20%を消費するといわれています。その分、ほかの臓器よりも組織のグラムあたりの副生物による酸化が多く発生してしまうため、脳は、特にフリーラジカルの攻撃を受けやすくなる。

多くの神経性疾患及び精神病のプロセスは、グルタチオン代謝と抗酸化防衛の異常によって特徴づけられ、活性酸素種(フリーラジカル)の発生と酸化損傷は、脳損傷による神経細胞死の重要な原因となっています。

ニューロン(神経細胞)などの特定の脳細胞に毒性を引き起こす化学物質は、細胞が活性酸素種により弱められ、脳のグルタチオンを減少させることが知られている。一方、グルタチオンペルオキシダーゼ酵素の高発現は、脳損傷による細胞死を強力に減少させています。

博士ジミーガットマン「私たちはこれらの疾患が、時を得ていない場合に遺伝学の研究者らは、グルタチオンS-トランスフェラーゼ遺伝子が、アルツハイマー病、パーキンソン病の発症を制御し、決定することを発見した。」

フリーラジカルと神経細胞の酸化損傷は、アルツハイマー病(AD)に類似の変性疾患の主な原因であることが知られています。アルツハイマー病(AD)の病理学的特長は、老人班のアミロイドーベターペプチド(Aβ)の蓄積が、神経変性に関与しており、脳への侵食アミロイド班は、フリーラジカルの産生、あるいは酸化ストレスを増加させる。

グルタチオン(GSH)前駆体は、アルツハイマー病のアミロイド班により誘発される脳細胞の死を防ぐことができる一方で細胞死が増加するとグルタチオンが枯渇してしまう物質でもある。血液中にホモシステインと呼ばれるアミノ酸の総量とアルツハイマー病を発症するきっかけになる接合を超えて蓄積していることです。

アルツハイマー病発症が遺伝的素因でない人々にとっては、核心の因果関係である要因として、ほとんどが不健康な食習慣を伴った生活習慣による高コレステロール、そしてそこから引き起こされる高ホモシステイン血漿が原因で、脳内の酸化ストレスを生じさせている。

米カリフォルニア州のカイザー・パーマネンテ医療研究所における研究で、壮年期の人で、コレステロールが高い人は、認知症やアルツハイマーになるリスクも高いという結果が出ました。その研究では、約1万人の高コレステロールの患者を40年にわたって調査しました。当時の患者年齢は40─45歳だった。総コレステロール値が200─239mgのいわゆる「境界域」ではアルツハイマー型認知症の発症リスクが25%増加していました。一方総コレステロール値が240mg以上のいわゆる「高コレステロール」の患者はアルツハイマー型認知症にかかるリスクは66%増加しています。

この発表にはLDLコレステロールとHDLコレステロールの表記がされていないが、おそらく高ホモシステイン血漿を引き起こす悪玉コレステロール(LDL)の比率が相当高いと考えられます。

ウェールズ診療医、アンドリューMcCaddonは、「アルツハイマー病の患者が持っていた、高ホモシステイン血漿が彼らの精神行動の悪化と彼らの認知障害の悪化を引き起こしたこと、そして僅かばかりの抗酸化物質グルタチオンしか持っていなかったことを見つけた。」

ホモシステインにビタミンB6が働いてグルタチオンに変換されるのだが、LH比率の悪化した状態下においてはうまく代謝ができずに高ホモシステイン血漿状態が、高LDLコレステロールとタッグを組んで60兆個といわれる私たちの細胞群を蝕んで、さまざまな病魔を引き起こす原因になっているようです。

本来、生体防御機構の中心的役割を持つグルタチオンですが、動脈硬化をはじめとして、さまざまな疾患による炎症が、酸化ストレスを生じさせ、グルタチオンの消費を加速させてしまいます。グルタチオンの産生を高める上でも、LH比率の改善とビタミンB群に配慮した栄養摂取、それと加齢によって減少していく抗酸化物質の備えが求められます。

ちなみに、あるウェブサイト、ターメリックの健康効果について「循環器疾患に対する保護」の項目のところで「ターメリック(熱帯ウコン)に含まれるビタミンB6の存在は体内のホモシステインの濃度を減らす働きがあります。ホモシステインの濃度が高まると血管壁に損傷を与えてしまい、それが原因で冠状動脈におけるプラークの蓄積や石灰化を招き、心臓病を発症してしまいます。ターメリックは、ビタミンB6の高い食品として摂取することができ、このリスクを減少させ、心血管疾患や脳卒中を防ぐことができます。高ホモシステイン濃度とは別に、コレステロールの酸化もプラークの蓄積と血管の損傷をもたらしてしまいます。これは、脳卒中や心臓発作をもたらしてしまいます。ターメリックには酸化するコレステロールを防止するクルクミンが含まれています。」というように表現されています。
出典ウェブサイト(http://www.brighthub.com/health/diet-nutrition/articles/87110.aspx)

クルクミンの神経保護作用

“ラットにおけるホモシステイン誘発性認知障害と酸化ストレスに対するクルクミンの神経保護効果“

ラットを含む動物実験において、クルクミンによる治療は、神経保護効果を発揮することを見つけた。ラットにはホモシステインを海馬内に注入する5日前にクルクミンを10日間にわたって腹腔内に注入された。

ホモシステインは、海馬の脂質過酸化を引き起こし、マロンジアルデヒド(MDA)スーパーオキシドアニオン(SOA)のレベルを増加させるため、受動的学習回避テストにおける記憶保持能力を損なうことを見つけた。

クルクミンを投与すると、大幅にマロンジアルデヒド(MDA)とスーパーオキシドアニオン(SOA)の血中濃度を下げ、海馬神経細胞数の減少は抑制されて学習能力と記憶力が向上したことも見つけた。

研究チームは、これらの結果から、ホモシステインはラットの海馬において脂質過酸化を引き起こすが、クルクミンの投与によって、ホモシステインの毒性に対する中枢神経系を保護することによって学習能力や記憶障害が改善されると結論とした。

(イラン、シャヒッドベヘシティ大学、神経化学センター薬理学教室にて)

マロンジアルデヒド
この反応性の高い化合物は生体内で自然に発生し酸化ストレスの指標になっている。
スーパーオキシドアニオン
二酸素と同様にフリーラジカルであり、常磁性を有する。一般に活性酸素と呼ばれる化学種の一種である。
(フリー百科事典、ウィキペディアより)
出典
MaxGXL | Max International | What is the Max?
「Glutathione – Your Brain's Master Antioxidant Defense」

http://www.allnaturalscript.com/news20100726.shtml
「Curcumin Exerts Neuroprotective Properties」

クルクミノイドがグルタチオン、S-トランスフェラーゼを誘導、細胞核内グルタチオン濃度を高める。

細胞内グルタチオンの産生を高めると、元気で若々しい長寿が約束される!

クルクミンが、アルツハイマー病に関与するアミロイド・ベータの沈着や繊維化を抑制。



クルクミノイド

クルクミノイドの抗酸化作用・抗炎症作用

クルクミノイドがグルタチオン、S-トランスフェラーゼを誘導すると

細胞内グルタチオンの産生を高めると、元気で若々しい長寿が

クルクミノイドと豆レシチンは細胞活性化の素晴らしいコンビ

細胞内のグルタチオン濃度を高めて、内から美肌にする対処方法


熱帯ウコン成分と効果

熱帯ウコンには高濃度クルクミノイドと豊富な精油成分が含有

ターメリックの持つ栄養素の全てが健康維持に大きく貢献


成分の吸収と効果

黒コショウのピペリンはクルクミンの効果を20倍高める

動脈硬化

動脈硬化を引き起こす高ホモシステイン血症はLH比の悪化が要因

高ホモシステイン血漿による心疾患をクルクミンが予防する

肝臓機能

肝臓の主な働きと肝臓病になる要因

クルクミノイドの胆汁分泌活性が、肝機能を

ターメリックは、肝硬変を改善する

腎臓機能

クレアチニンの数値が基準値内でも動脈硬化が進んでしまう

血清クレアチニンによる腎臓ろ過能力不足

クルクミノイドの腎臓損傷保護効果

ガン(悪性腫瘍)

ガンにならない,ガンを治癒するいは

クルクミノイドが、ガン化を促進するNF-kBの活性を抑制

クルクミンとプロポリスは、ガン治療の有望な天然素材

乳癌の予防と治療にターメリックと黒コショウ

「癌のリスクはゼロに近くできる」と主張

アルツハイマー病

アルツハイマー認知症とクルクミノイド

ターメリックとビタミンD3がアルツハイマー病のプラークを溶かす

糖尿病の人は、4.6倍の確立でアルツハイマー病になる

うつ病

天然物なのに、ひょっとして最強の抗うつ剤

骨粗鬆症

閉経後や老化によって骨粗鬆症が急速に進行してしまう理由

関節リュマチ

間接リウマチと骨の損失に対するクルクミノイドの効果的な働き

ブロメラインとクルクミノイドが合わさるとリウマチに効果的

糖尿病

ターメリック(熱帯ウコン)が肥満と糖尿病の予防と治療に有効







Copyright(c) 2010 TOKAI AGRIGARDEN,INC. All Rights Reserved.