ターメリック〔熱帯ウコン〕とプロポリスの組み合せは、癌治療を進展させる有望な天然素材。

ウインストン、サレムから発信されたバプテストメディカルセンターについての記事について、「研究者らは、癌のリスクを減らし、癌治療を進展させるのに有望な天然素材の研究に国立癌研究所(NCI)から100万ドルの補助金を受けることになりました。」と報じています。

蜜蜂が幼虫をウイルスやダニなどの外敵から保護するために、木の樹液や花粉などを集めて自らの分泌物と合わせてつくり上げた天然の抗生物質であるプロポリスとインドの健康や医療システムで、およそ6000年の歴史をもつアーユルベーダーにおけるターメリックを健胃剤・血液性錠剤として内用、皮膚病の治療薬として外用されてきたように抗炎症作用、抗酸化作用、抗腫瘍作用を示す植物ポリフェノール化合物が豊富です。

プロポリスの主な活性成分であるコーヒー酸フェネチルエステル(CAPE)は、最近の研究でマウスが放射線により誘発される炎症と皮膚障害から保護され、ラットが化学療法後に起きるある種の心筋損傷から保護された。また、クルクミンは、ターメリックの主成分で、この成分を豊富に摂取している集団で大腸がんの率が著しく減少することを示した研究結果に基づき、クルクミン癌予防効果についての研究が行われています。 人での臨床試験は5年前に始められ、国立癌研究所は1988年より抗ガン剤としてクルクミンを開発しています。

「プロポリスの主な活性成分コーヒー酸フェネチルエステル(CAPE)とターメリックの主要成分クルクミン、これらの興味深い特性とそれらの良好な安全性プロファイルに基づき、我々の研究室は細胞培養と実験動物腫瘍において研究を行ったところ、これらの化合物が、腫瘍細胞の化学療法や放射線に対する感受性を高め、腫瘍細胞で細胞死を起こさせ、正常細胞に対しては殆ど影響がみられない、又は、放射線からある種の有害作用を減らすということが分かりました。」と、Wake Forest Baptistの放射線腫瘍学の助教授でもあり、新しい研究の主導治験責任医師でもあるCostas Koumenis博士は述べています。

WINSTON-SALEM 発 - Wake Forest University Baptist Medical Centerに関するニュースリリース

プロポリスの主成分、コーヒー酸フェネチルエステル(CAPE)は、ニュージーランド産に、多く含まれています。また、アルテピリンCを含んだブラジル産も良いようです。いずれも摂取するには液状タイプのものがお勧めとのことです。

ガンにならない,ガンを治癒するいは

クルクミノイドが、ガン化を促進するNF-kBの活性を抑制する

乳癌の予防と治療にターメリックと黒コショウが有効

「癌のリスクはゼロにできる」と主張


グルタチオン

クルクミノイドの抗酸化作用・抗炎症作用

クルクミノイドがグルタチオン、S-トランスフェラーゼを誘導すると

細胞内グルタチオンの産生を高めると、元気で若々しい長寿が

クルクミノイドと豆レシチンは細胞活性化の素晴らしいコンビ

細胞内のグルタチオン濃度を高めて、内から美肌にする対処方法

熱帯ウコン成分と効果

熱帯ウコンには高濃度クルクミノイドと豊富な精油成分が含有

ターメリックの持つ栄養素の全てが健康維持に大きく貢献

成分の吸収と効果

黒コショウのピペリンはクルクミンの効果を20倍高める

肝臓機能

肝臓の主な働きと肝臓病になる要因

クルクミノイドの胆汁分泌活性が、肝機能を

ターメリックは、肝硬変を改善する

腎臓機能

クレアチニンの数値が基準値内でも動脈硬化が進んでしまう

血清クレアチニンによる腎臓ろ過能力不足

クルクミノイドの腎臓損傷保護効果

ガン(悪性腫瘍)

ガンにならない,ガンを治癒するいは

クルクミノイドが、ガン化を促進するNF-kBの活性を抑制

乳癌の予防と治療にターメリックと黒コショウ

「癌のリスクはゼロに近くできる」と主張

アルツハイマー病

アルツハイマー認知症とクルクミノイド

ターメリックとビタミンD3がアルツハイマー病のプラークを溶かす

糖尿病の人は、4.6倍の確立でアルツハイマー病になる

うつ病

天然物なのに、ひょっとして最強の抗うつ剤

骨粗鬆症

閉経後や老化によって骨粗鬆症が急速に進行してしまう理由

関節リュマチ

間接リウマチと骨の損失に対するクルクミノイドの効果的な働き

ブロメラインとクルクミノイドが合わさるとリウマチに効果的

糖尿病

ターメリック(熱帯ウコン)が肥満と糖尿病の予防と治療に有効







Copyright(c) 2010 TOKAI AGRIGARDEN,INC. All Rights Reserved.