ターメリック には、強力な抗がんパンチが、パックされている。

ターメリック(熱帯ウコン)は、インドの食事において欠かすことのできないスパイスとして知られているだけでなく、何千年の間、アーユルベーダのなくてはならない薬剤としても使用されてきました。

ターメリックとこの強力な誘導体化合物クルクミノイドは、ガンのさまざまな形態の予防と治療に使用される抗酸化化合物として世界的に注目を集め、年間 240以上もの検証された研究論文として出され、その調査研究が実証されています。

科学者は健康志向の高い人たちが日常の食事に、このスパイスを加えるべき必要性の真価値を指し示す決定的な証拠を提供し続けるといわれるほど、予期しない潜在的な治癒能力が、まだまだ数多く秘められていると考えています。

すでに明らかにされているガンに関してでも、DNA損傷、慢性炎症、細胞内シグナル伝達の機能障害、異常な細胞死および腫瘍転移を含む10個の原因となる因子を介して発症することが知られています。クルクミノイドは、病気の発症及び進行のために必要な段階である十個の重要なイニシエーションを遺伝子レベルで抑制しうるという、ガンと闘うところの正当なポジションを得ています。

ターメリックは、グルタチオン、スーパーオキシドジスムターゼ、カタラーゼなどの天然の細胞の抗酸化物質のレベルを向上させます。これらの抗酸化物質は、我々の体内で一日中発生する酸化ストレスを制限するために身体の生体防御機構にとって大変重要です。

強力なクルクミノイドは、インターロイキン-6 および腫瘍壊死因子-α(TNF -α)などの炎症性媒介プロスタグランジン、サイトカインおよび他の分子を減少させることがわかっており、炎症性カスケードから本体を遊離させ、細胞レベルで抗炎症性行動を促進させます。

中濃度測定誌 (AAPSジャーナル、薬学に関するオンライン専門の査読レビュー誌)の出版、 「研究者はクルクミンが身体全体にわたって掛け算のごとく加算され、蔓延させる疾患で、使用される10種類の異なる経路の発症段階をふみはずさせるという根本的な原因のところで、ガンと闘う天然の化合物であることがわかった」と報じています。

このスパイスは、腫瘍組織を急速に成長させる動力源であるミトコンドリアを破壊することによって自己破壊に導く、これらのガン細胞のみをターゲットとしています。また、クルクミンは、ガンの変異につながる危険な炎症性副産物の蓄積を促進する最終糖化産物 (AGEs)〔老化と長期の糖尿病患者に現れるタンパク質のアミノ基と糖(グリコーゲン)が反応した様々な構造をもつ付加化合物〕 の生産を妨げることが示されています。

ガンを促進するためのすでに知られている因子のそれぞれに対して保護する盾を備えるために自然があたかもデザインしたかのように、クルクミノイドが、ガン細胞の増殖を促進する遺伝子の発現を阻害し、止めることが明らかにされています。

FFBSジャーナル(欧州の生化学学会連合誌:分子化学生命科学の全分野において研究論文とレビューの敏速な公表を行っている)は、クルクミンが乳癌などの疾患によるホルモン依存性の形態をターゲットに特に効果的であることを報告しています。

研究では、クルクミンがエストロゲン受容体を欠いている最も抵抗性乳癌細胞のアポトーシス(通常プログラム細胞死)を誘導することができることがわかった。

インターフェロンとサイトカイン研究誌(臨床応用への基礎科学からインターフェロンとサイトカインのあらゆる側面をカバーする査読ジャーナル)は、クルクミンが大腸ポリープからのNF−kBと呼ばれる炎症性サイトカインを弱めることで、ガンの成長に対し、進行を遅くするという証拠を提供しており、このアクションは彼らが検出可能な腫瘍になる前にガン細胞の発現を止めるということです。また、研究の広範な研究資料は、抗ガン剤としてのクルクミンの重要性を強調している。

ガンによる死亡者の数では2番目であり、毎年50000人以上ものアメリカ人の命が奪われている潜行性の形での結腸ガンとの闘いにとってクルクミンは強力な作用剤です。

執筆者は、これらの統計を低くするために手助けとなるこのような天然化合物は、同様に伝統的な代替医療機関によって採用されるべきであり、栄養士は、最適にガンを予防するために、日常的に、このような自然がデザインしたガン因子の盾になる、安全と安心が約束されたスーパー食品を食事に取り入れるよう勧めています。

出典
NaturalNews
「This Indian spice packs a powerful anti-cancer punch」
「Discover the super-food power of turmeric」

ガンにならない,ガンを治癒するいは

クルクミノイドが、異常な炎症を引き起こす転写因子NF-kBの活性を抑制する。

乳癌の予防と治療にターメリックと黒コショウが有効

ターメリック(熱帯ウコン)とプロポリスは、ガン治療を進展させる有望な天然素材です。

スティーブジョブス氏の死をまねいた膵臓ガンを避けるためにターメリックの摂取を推奨。

スーパー食品による驚異的なLH比率1.08を持つマイクアダムス氏の「健康への証明」

お客様の声【悪性リンパ腫】リンパ腫は消滅し、ガン細胞も消えた。

HOME/エイコサノイド


クルクミノイド

クルクミノイドの抗酸化作用・抗炎症作用

スーパースパイス、ターメリック治療

グルタチオン

生体の防護機構を強化するにはグルタチオンの産生が不可欠

クルクミノイドがグルタチオン、S-トランスフェラーゼを誘導すると

細胞内グルタチオンの産生を高めると、元気で若々しい長寿が

細胞内のグルタチオン濃度を高めて、内から美肌にする対処方法

熱帯ウコン成分と効果

熱帯ウコンには高濃度クルクミノイドと豊富な精油成分を含有

ターメリックの持つ栄養素の全てが健康維持に大きく貢献

成分の吸収と効果

黒コショウのピペリンはクルクミンの効果を20倍高める

クルクミノイドと豆レシチンは細胞活性化の素晴らしいコンビ

動脈硬化

動脈硬化を引き起こす高ホモシステイン血症はLH比の悪化が要因

LH比悪化、高ホモシステイン血漿は、生体防御機構を弱体化させる

高ホモシステイン血漿による心疾患をクルクミンが予防する

マウスに高脂肪食を与えた実験で、クルクミンが体脂肪を抑制

肝臓機能

肝臓の主な働きと肝臓病になる要因

クルクミノイドの胆汁分泌活性が、肝機能を

ターメリックは、肝硬変を改善する

腎臓機能

クレアチニンの数値が基準値内でも動脈硬化が進んでしまう

血清クレアチニンによる腎臓ろ過能力不足

クルクミノイドの腎臓損傷保護効果

ガン(悪性腫瘍)

ガンにならない,ガンを治癒するいは

クルクミノイドが、ガン化を促進するNF-kBの活性を抑制

クルクミンとプロポリスは、ガン治療の有望な天然素材

乳癌の予防と治療にターメリックと黒コショウ

スティーブジョブス氏の死をまねいた膵臓ガンを避けるために

「癌のリスクはゼロに近くできる」と主張

アルツハイマー病

クルクミンが、アミロイド・ベータの沈着や繊維化を抑制

ターメリックとビタミンD3がアルツハイマー病のプラークを溶かす

脳の酸化を防ぐ、マスター抗酸化剤、「グルタチオン」

糖尿病の人は、4.6倍の確立でアルツハイマー病になる

うつ病

天然物なのに、ひょっとして最強の抗うつ剤

高ホモシステイン血漿が、うつ病を発症させる

骨粗鬆症

閉経後や老化によって骨粗鬆症が急速に進行してしまう理由

ホモシステインが多いと骨折しやすい、米国、オランダの2研究所で

関節リュマチ

間接リウマチと骨の損失に対するクルクミノイドの効果的な働き

ブロメラインとクルクミノイドが合わさるとリウマチに効果的

糖尿病

ターメリック(熱帯ウコン)が肥満と糖尿病の予防と治療に有効

クルクミンは、血糖値を安定させ、インスリン受容体の数を増やし

慢性肺疾患

ターメリックは、慢性肺疾患に対する有効、且つ潜在的治療剤である

クルクミンの効果

クルクミンはインターフェロンであり、天然の抗癌剤でもあるといわれています

ターメリックの高濃度クルクミノイドによる驚異的抗酸化作用と抗炎症作用の防護効果





Copyright(c) 2010 TOKAI AGRIGARDEN,INC. All Rights Reserved.