乳癌の予防と治療にターメリックと黒胡椒が有効。

【ターメリック(熱帯ウコン)のクルクミンと黒コショウのピペリンが合わさると乳癌を発症させる幹細胞の働きを止められる可能性を見つけた。】

アメリカ、ミシガン州立大学総合ガンセンター(UM)に在籍する研究者によって、ターメリック由来の化合物クルクミンと黒コショウのピペリンを組み合わせると乳癌の予防と治療に重要な役割を果たすことを新たに見つけた。

これまでの研究では、すでにクルクミンとピペリンンの組み合わせは、潜在的にガン治療することができることの証拠が提出されています。しかし、総合ガンセンター(UM)の今回の研究では、乳癌研究と治療にこれらのスパイス化合物が如何に癌を防ぐことができるかを正確な示唆として始めて公にしています。

この研究成果についてオンラインのジャーナル誌で、クルクミンとピペリンが幹細胞(臓器のいろんな種類の細胞を増加させる未分化細胞)を標的として示していることが、とても重要で意義のあることだと報じています。

がん細胞が、悪性腫瘍の成長をたきつける腫瘍の中でも小さい番号の細胞から構成されており、これらの幹細胞が腫瘍における細胞を制限なく成長を維持させています。

現在の化学療法薬剤は、これらの細胞に対して有効に働いておらず、しかも有害な化学療法が何クールにもわたって行われるので重く耐えがたい副作用と戦わねばなりません。にもかかわらず、何故再発し、広がってしまうのか。

もし、ガン幹細胞を排除、あるいは成長を止めることができれば、ガンを制御できる はずである。

「我々は、幹細胞の数を制限することができれば、腫瘍を形成する細胞の数を制限できる。」と執筆者マードゥリーKakarala医学博士は、UM医療学校の医局内臨床講義とVAアナーバーヘルスケアシステムの研究調査をメディアに告知しています。

ミシガン州立大学総合ガンセンター(UM)研究チームの研究内容は、人が食事を通して摂取するだろう適量のおよそ20回分のクルクミンとピペリンの溶液を細胞培養液に適応させて、一連のテストを行った。クルクミンとピペリンの効果を幹細胞レベルで行い乳房細胞のマーカーを観察した。

クルクミンには、ガンを発症させる幹細胞の特徴である自己再生プロセスを中断させる働きがあり、ピペリンがその働きを飛躍的に高めることが確認されています。 もっと素晴らしいことは、これらの化合物が細胞の分化として知られている細胞成長の通常のプロセスには影響しなかったということです。

まさに今、乳癌リスクの高い女性は、予防としての薬剤、タモキシフェンまたはラロキシフェンを選択することができますが、ほとんどの女性は、これらにはあまりにも多くの毒性があるため、これらの薬剤を選択できないでいます。

これらの薬剤は、エストロゲン(女性ホルモン)をターゲットに設計されています。しかし、より詳細な疾患や乳癌に特異的な遺伝的感受性と通常エストロゲンの影響を受けない強い家族的な経歴を持つ女性が発症する可能性が高く、最も積極的で、致命的な乳癌の種類は治療が困難になる傾向にあります。

クルクミンとピペリンが幹細胞の自己複製を制限した事実によって、幹細胞がエストロゲンに反応しようとしなかろうとスパイス化合物が悪性腫瘍に影響を与えることができた。

以前の研究においても、乳房、大腸、前立腺及び肺がんへの低いリスクとして、ターメリックと黒コショウ、両方の高機能性食品による動物実験においてですが、大腸癌や肺癌の発生を抑制することが示されています。

「クルクミンとピペリンには非常に低い毒性しかないので、食養生の化合物としての考えに、お手伝いできることは大変魅力的です。」執筆者マードゥリーKakarala医学博士は述べています。

出典
「NaturalNews」
Scientists find turmeric and black pepper spices may prevent breast cancer

ガンにならない,ガンを治癒するいは

クルクミノイドが、ガン化を促進するNF-kBの活性を抑制する

クルクミンとプロポリスは、ガン治療を進展させる有望な天然素材

黒コショウのピペリンはクルクミンの効能を20倍高める。

マイクアダムス氏の主張「健康への証明」とは

グルタチオン

クルクミノイドの抗酸化作用・抗炎症作用

クルクミノイドがグルタチオン、S-トランスフェラーゼを誘導すると

細胞内グルタチオンの産生を高めると、元気で若々しい長寿が

クルクミノイドと豆レシチンは細胞活性化の素晴らしいコンビ

細胞内のグルタチオン濃度を高めて、内から美肌にする対処方法

熱帯ウコン成分と効果

熱帯ウコンには高濃度クルクミノイドと豊富な精油成分が含有

ターメリックの持つ栄養素の全てが健康維持に大きく貢献

成分の吸収と効果

黒コショウのピペリンはクルクミンの効果を20倍高める

肝臓機能

肝臓の主な働きと肝臓病になる要因

ターメリックは、肝硬変を改善する

腎臓機能

クレアチニンの数値が基準値内でも動脈硬化が進んでしまう

血清クレアチニンによる腎臓ろ過能力不足

クルクミノイドの腎臓損傷保護効果

ガン(悪性腫瘍)

ガンにならない,ガンを治癒するいは

クルクミノイドが、ガン化を促進するNF-kBの活性を抑制

クルクミンとプロポリスは、ガン治療の有望な天然素材

「癌のリスクはゼロに近くできる」と主張

アルツハイマー病

アルツハイマー認知症とクルクミノイド

ターメリックとビタミンD3がアルツハイマー病のプラークを溶かす

糖尿病の人は、4.6倍の確立でアルツハイマー病になる

うつ病

天然物なのに、ひょっとして最強の抗うつ剤

骨粗鬆症

閉経後や老化によって骨粗鬆症が急速に進行してしまう理由

関節リュマチ

間接リウマチと骨の損失に対するクルクミノイドの効果的な働き

ブロメラインとクルクミノイドが合わさるとリウマチに効果的

糖尿病

ターメリック(熱帯ウコン)が肥満と糖尿病の予防と治療に有効








Copyright(c) 2010 TOKAI AGRIGARDEN,INC. All Rights Reserved.