クルクミノイドと豆レシチンは、細胞を活性化させる素晴らしいコンビ。

〔高濃度クルクミノイドを含有した「熱帯ウコン」と「きな粉」を一緒に摂取すると、素晴らしい相乗効果が期待できます。〕

ターメリック(熱帯ウコン)成分の体内への吸収は、脂溶性ビタミンと同じように油に溶けることで、腸管(主に小腸)から吸収されやすくなりますが、大豆や卵の黄身に含まれるレシチンという成分と一緒に摂取すると、その乳化作用と膜透過作用によって吸収されにくいとされている熱帯ウコンのクルクミノイドや精油成分、ミネラル成分がより吸収されやすくなります。

特に,主要成分であるクルクミノイドは、細胞内でグルタチオン,S-トランスフェラーゼという酵素の活性を高め、シスチンをシステインに還元して細胞内に転移させます。グルタチオンを産生する働きが活発化して、細胞内抗酸化作用がより高められることが認められています。

細胞内にグルタチオン濃度が高まれば、活性酸素種である過酸化水素や過酸化脂質の消去がスムーズに行えるとともに、さまざまな毒物・薬物・伝達物質などをシステインに結合(抱合)させ、自ら細胞外へ排出させて細胞の解毒を行えるので、細胞がガンやウイルスなどに侵されないで安全に保たれます。

また、レシチンは学名をリン脂質と言って、不飽和脂肪酸に結合して細胞膜を構成しており、その透過作用によって血管を通ってくる血液中の栄養分や酸素を細胞内へ取り込めるようにしています。この不飽和脂肪酸は、酸化されやすく、レシチンの補給をしないと不足してしまいます。その結果、膜が薄くなってしまい細胞の働きも弱くなって、さまざまな障害を引き起こす原因になります。

このようにクルクミノイドと豆レシチンの組み合わせは、肝臓機能を円滑にする働きとともに60兆個といわれる身体の細胞組織を強化するため、さまざまな疾患の予防と改善が期待できます。

期待される効果
@

コレステロール値を下げ、動脈硬化性疾患を予防し、胆石や黄疸などを予防する。

A

高血圧、心臓病、肝臓病、糖尿病、腎臓病、血栓症、貧血症、不妊症などの予防や治療に有効 である。また、抗ガン効果やエイズなどにも数多くのエビデンス(治療実績)が報告されています。

B

神経細胞を活性化させるため、自律神経失調症、不眠症、神経衰弱、神経痛やリュウマチなどを予防するとともにこれらを回復させる働きが認められています。

C

老化を抑制し、アルツハイマー認知症や骨粗鬆症を予防するとともに改善効果も期待できます。

D

シミやシワのない若々しい肌細胞を保つ。

E

その他、血管やホルモン線の内壁をきれいにして流れをスムーズにしてくれます。

豆レシチは、大豆製品から摂取するのが一番容易です。中でも「きな粉」は、粉末状で扱いやすく、簡単に美味しく、しかも副作用の心配をしないで毎日召し上がることが出来ます。また、良質なタンパク質、フラボノイドやサポニンといった栄養素が含まれており、健康維持にとって最適な食品です。

クルクミノイドの抗酸化作用・抗炎症作用は、強力な疾患治癒力を持った天然物質です。

クルクミノイドがグルタチオン、S-トランスフェラーゼを誘導、細胞内グルタチオン濃度を高める。

細胞内グルタチオンの産生を高めると、元気で若々しい長寿が約束される!

ターメリック(熱帯ウコン)には高濃度クルクミンと豊富な精油成分等が含有

黒コショウのピペリンはクルクミンの効果を20倍高める。


グルタチオン

クルクミノイドの抗酸化作用・抗炎症作用

クルクミノイドがグルタチオン、S-トランスフェラーゼを誘導すると

細胞内グルタチオンの産生を高めると、元気で若々しい長寿が

細胞内のグルタチオン濃度を高めて、内から美肌にする対処方法

熱帯ウコン成分と効果

熱帯ウコンには高濃度クルクミノイドと豊富な精油成分が含有

ターメリックの持つ栄養素の全てが健康維持に大きく貢献

成分の吸収と効果

黒コショウのピペリンはクルクミンの効果を20倍高める

肝臓機能

肝臓の主な働きと肝臓病になる要因

クルクミノイドの胆汁分泌活性が、肝機能を

ターメリックは、肝硬変を改善する

腎臓機能

クレアチニンの数値が基準値内でも動脈硬化が進んでしまう

血清クレアチニンによる腎臓ろ過能力不足

クルクミノイドの腎臓損傷保護効果

ガン(悪性腫瘍)

ガンにならない,ガンを治癒するいは

クルクミノイドが、ガン化を促進するNF-kBの活性を抑制

クルクミンとプロポリスは、ガン治療の有望な天然素材

乳癌の予防と治療にターメリックと黒コショウ

「癌のリスクはゼロに近くできる」と主張

アルツハイマー病

アルツハイマー認知症とクルクミノイド

ターメリックとビタミンD3がアルツハイマー病のプラークを溶かす

糖尿病の人は、4.6倍の確立でアルツハイマー病になる

うつ病

クルクミンの抗うつ活性が、ピペリン効果によって飛躍的に!

骨粗鬆症

閉経後や老化によって骨粗鬆症が急速に進行してしまう理由

関節リュマチ

間接リウマチと骨の損失に対するクルクミノイドの効果的な働き

ブロメラインとクルクミノイドが合わさるとリウマチに効果的

糖尿病

ターメリック(熱帯ウコン)が肥満と糖尿病の予防と治療に有効








Copyright(c) 2010 TOKAI AGRIGARDEN,INC. All Rights Reserved.