マウスに高脂肪食を与えた実験で、 ターメリックとその主要成分クルクミンが体脂肪を抑制した。

我が国(アメリカ)においての現代西洋医学は、近年、スパイスに真剣なまなざしを向けており、衛生研究所(NIH)の国立研究所によると、ターメリックとその主要なポリフェノール、クルクミンに植物化学物質の種類の抗炎症、抗酸化、そして抗癌特性が実証されています。

アメリカ東部にある名門校タフツ大学、老化のジャンメイヤーUSDA(米国農務省)人間栄養研究センター、食生活指針、食事摂取基準、および他の重要な公共政策を確立するために、連邦政府機関と協力している研究者は20年にわたって高齢化で良好な栄養状態と健康との関係を研究している。 新たな研究として、老化におけるターメリックの他の可能性の効果を見つけた。

「そこに含まれるクルクミンは、体重の増加を減らし、脂肪組織の成長を抑えるように見られる。人が関与しないが、それはターメリックが肥満に対抗するのに有効であるという非常に魅力的な手がかりが提供されています。」と2009年5月号の栄養ジャーナル誌に新しい研究成果として発表されている。

その内容は、タフツの研究者が意図的にマウスに高脂肪食を与え、そこへターメリックのクルクミンを加え、また、クルクミンを伴ったインキュベート細胞培養を検討し、クルクミンを補填したマウスの体重増加に植物化学物質による減少が認められ、さらに実験動物と細胞モデルの両方に脂肪細胞の増殖を抑制した事実を見つけた。

Meydani博士と研究チームは、マウスに12週間もの間、高脂肪食で飼育した。「我々のデータに基づくと、クルクミンは、マウスに与えられた高脂肪の食事による脂肪組織における血管新生活性を抑制するように見られる。」

「体重増加は、新しい血管の形成、血管新生として知られているプロセスを除き、起ることがない、このことは、脂肪組織の成長と拡大の結果である。」と著者Meydani博士が、米国農務省(USDA)での血管生物学研究室のディレクターによってメディアへの声明で語っている。

実験の内容は、研究者が、マウスの二つのグループに全く同じ高脂肪食を与え、体重のキログラム当たり、クルクミン500mgを半分のマウスに毎日の食事に添加して与えた。

彼らは、対照群のマウスよりもクルクミン群におけるマウスの血中コレステロールが有意に低く、そして脂肪組織における微小血管密度も有意に少ないことを見つけ、ゆえに少ない血管成長と総体的に少ない脂肪組織の成長を意味していると見ている。

彼らの公にされた研究によると、彼らのデータにはクルクミンが細胞やげっ歯類の両方で血管新生の進行に寄与する二つの遺伝子の発現を妨害する能力を持ち合わせていることを示唆している。

「我々は、クルクミンが人での脂肪組織の成長を防止することができるかどうかの有効性の方法を持合わせていない。クルクミンが脂肪組織に影響をおよぼすように見られる仕組みや仕組み別に、人が関与する無作為的に臨床試験で調査する必要があります。」とMeydani博士は記者発表にて述べている。

出典
EurekAlert!「Turmeric extract suppresses fat tissue growth in rodent models」Tufts University, Health Sciences
NcturalNews「Turmeric Reduces Weight Gain, Suppresses Fat」Sherry Baker, Health Sciences Editor

動脈硬化を引き起こす高ホモシステイン血症はLH比の悪化が原因。

ターメリック(熱帯ウコン)が肥満と糖尿病の予防と治療に有効

熱帯ウコンを黒コショウと一緒に摂取、LH比が劇的に改善した。

HOME/エイコサノイド


クルクミノイド

クルクミノイドの抗酸化作用・抗炎症作用

スーパースパイス、ターメリック治療

グルタチオン

生体の防護機構を強化するにはグルタチオンの産生が不可欠

クルクミノイドがグルタチオン、S-トランスフェラーゼを誘導すると

細胞内グルタチオンの産生を高めると、元気で若々しい長寿が

細胞内のグルタチオン濃度を高めて、内から美肌にする対処方法

熱帯ウコン成分と効果

熱帯ウコンには高濃度クルクミノイドと豊富な精油成分を含有

ターメリックの持つ栄養素の全てが健康維持に大きく貢献

成分の吸収と効果

黒コショウのピペリンはクルクミンの効果を20倍高める

クルクミノイドと豆レシチンは細胞活性化の素晴らしいコンビ

動脈硬化

動脈硬化を引き起こす高ホモシステイン血症はLH比の悪化が要因

LH比悪化、高ホモシステイン血漿は、生体防御機構を弱体化させる

高ホモシステイン血漿による心疾患をクルクミンが予防する

肝臓機能

肝臓の主な働きと肝臓病になる要因

クルクミノイドの胆汁分泌活性が、肝機能を

ターメリックは、肝硬変を改善する

腎臓機能

クレアチニンの数値が基準値内でも動脈硬化が進んでしまう

血清クレアチニンによる腎臓ろ過能力不足

クルクミノイドの腎臓損傷保護効果

ガン(悪性腫瘍)

ガンにならない,ガンを治癒するいは

ターメリックには、強力な抗がんパンチがパックされている

クルクミノイドが、ガン化を促進するNF-kBの活性を抑制

クルクミンとプロポリスは、ガン治療の有望な天然素材

乳癌の予防と治療にターメリックと黒コショウ

スティーブジョブス氏の死をまねいた膵臓ガンを避けるために

「癌のリスクはゼロに近くできる」と主張

アルツハイマー病

クルクミンが、アミロイド・ベータの沈着や繊維化を抑制

ターメリックとビタミンD3がアルツハイマー病のプラークを溶かす

脳の酸化を防ぐ、マスター抗酸化剤、「グルタチオン」

糖尿病の人は、4.6倍の確立でアルツハイマー病になる

うつ病

天然物なのに、ひょっとして最強の抗うつ剤

高ホモシステイン血漿が、うつ病を発症させる

骨粗鬆症

閉経後や老化によって骨粗鬆症が急速に進行してしまう理由

ホモシステインが多いと骨折しやすい、米国、オランダの2研究所で

関節リュマチ

間接リウマチと骨の損失に対するクルクミノイドの効果的な働き

ブロメラインとクルクミノイドが合わさるとリウマチに効果的

糖尿病

ターメリック(熱帯ウコン)が肥満と糖尿病の予防と治療に有効

クルクミンは、血糖値を安定させ、インスリン受容体の数を増やし

慢性肺疾患

ターメリックは、慢性肺疾患に対する有効、且つ潜在的治療剤である

クルクミンの効果

クルクミンはインターフェロンであり、天然の抗癌剤でもあるといわれています

ターメリックの高濃度クルクミノイドによる驚異的抗酸化作用と抗炎症作用の防護効果





Copyright(c) 2010 TOKAI AGRIGARDEN,INC. All Rights Reserved.