__________

天然物なのに、ひょっとして最強の抗うつ剤、 安心安全に摂取できるスーパー食品。

【クルクミンの抗うつ活性が、ピペリン効果によって飛躍的に高められた。】

黒コショウ由来の主なるアルカロイド、ピペリンが食品の栄養素の吸収を飛躍的に高める働きがあり、多くのメカニズムを通じて栄養物質を生物学的に利用し、その効能を高める働きが明らかになってきました。

その働きとは、いくつかの酵素が、栄養物質の代謝を担う腸の粘膜のアミノ酸トランスポーターを刺激して細胞から物質の除去を抑制するとともに、それらが機能し続けられるよう腸の活動を緩やかにして体内に入った栄養素がより活性化できるようにします。

これらの作用の結果、栄養物質が細胞に入ると通常の場合より長い時間、標的細胞内に留まっている。ピペリンは、その生物学的利用能と細胞内滞在時間を増やす働きによってわずかに有効な治療物質を非常に有効的なものに変えることができる。

黒コショウとターメリックを合わせて摂取することで、クルクミン及びその類縁体の抗うつ効果が飛躍的に高められ、同時に長時間持続させることができる可能性が示されています。

研究では、クルクミンの抗うつ活性、モノアミン作動性システムへの関与が、クルクミンの生物学的効果の生物学的高揚者としてのピペリン効果によって調査設計されたことがPhychopharmacology「精神薬理学」9月号で、報告された。

研究者は、強化されたクルクミンが容量依存的に不動期間を阻害することで、セロトニンを増加させ、モノアミン酸化酵素を阻害するのを見つけた。化合物は、また、フルオキセチン、ベンラファキシン、(いずれも抗うつ薬:選択的セロトニン再取り込み阻害薬)またはブプロピオン(抗うつ薬:多動症治療薬)のようなさまざまな抗うつ薬のサブ閾値(刺激が小さくて生体に反応の起こらない状態)の容量の抗不動効果を高めた。

強化されたクルクミン、さまざまな抗うつ薬のサブ閾下値量の組み合わせは、セロトニンのレベルで相乗的に増加した。クルクミンとピペリンの併用投与は,薬理学、生化学の増強と神経化学的活動に効果的に作用したことが認められた。彼らは、この組み合わせが、有用であり天然の有力な抗うつ薬であることが証明されたと結論づけました。

出典
「NaturalNews」
Substance in Black Pepper Increases Nutrient Absorption up to Two Thousand Percent

動脈硬化を引き起こす高ホモシステイン血症はLH比の悪化が原因では

高ホモシステイン血漿による脳の酸化を防ぐ、マスター抗酸化剤、「グルタチオン」

黒コショウのピペリンはクルクミンの効果を20倍高める。

お客様の声「鬱鬱改善」

グルタチオン

クルクミノイドの抗酸化作用・抗炎症作用

クルクミノイドがグルタチオン、S-トランスフェラーゼを誘導すると

細胞内グルタチオンの産生を高めると、元気で若々しい長寿が

クルクミノイドと豆レシチンは細胞活性化の素晴らしいコンビ

細胞内のグルタチオン濃度を高めて、内から美肌にする対処方法

熱帯ウコン成分と効果

熱帯ウコンには高濃度クルクミノイドと豊富な精油成分が含有

ターメリックの持つ栄養素の全てが健康維持に大きく貢献

成分の吸収と効果

黒コショウのピペリンはクルクミンの効果を20倍高める

肝臓機能

肝臓の主な働きと肝臓病になる要因

ターメリックは、肝硬変を改善する

腎臓機能

クレアチニンの数値が基準値内でも動脈硬化が進んでしまう

血清クレアチニンによる腎臓ろ過能力不足

クルクミノイドの腎臓損傷保護効果

ガン(悪性腫瘍)

ガンにならない,ガンを治癒するいは

クルクミノイドが、ガン化を促進するNF-kBの活性を抑制

クルクミンとプロポリスは、ガン治療の有望な天然素材

乳癌の予防と治療にターメリックと黒コショウ

「癌のリスクはゼロに近くできる」と主張

アルツハイマー病

アルツハイマー認知症とクルクミノイド

ターメリックとビタミンD3がアルツハイマー病のプラークを溶かす

糖尿病の人は、4.6倍の確立でアルツハイマー病になる

骨粗鬆症

閉経後や老化によって骨粗鬆症が急速に進行してしまう理由

関節リュマチ

間接リウマチと骨の損失に対するクルクミノイドの効果的な働き

ブロメラインとクルクミノイドが合わさるとリウマチに効果的

糖尿病

ターメリック(熱帯ウコン)が肥満と糖尿病の予防と治療に有効







Copyright(c) 2010 TOKAI AGRIGARDEN,INC. All Rights Reserved.